FC2ブログ

CGの凄さ・・・・鎌倉ものがたり

2018.08.17 Fri
こんにちわ、cecilmamaです。

DVDが出るのを待って、「鎌倉ものがたり DESTINY」を観ました。
山崎貴監督らしく、CGがすごい☆


鎌倉ものがたり


鎌倉に住むミステリー作家の一色正和とその妻、亜紀子。
鎌倉には人間と魔物や妖怪が共存していて、
町で発生する怪事件の数々を、夫婦2人で解決して行く物語。
こんなファンタジーっぽいのは、あまり得意ではなかったけど、これは面白かった★
堺雅人と高畑充希の夫婦が、必要以上にベタベタとラブラブな夫婦で、
ワタシも昔はこうだったのになぁーーって(笑)。
羨ましくもあり、それがなんか微笑ましく映る映画でした。
「DESTINY」の映画タイトルにもある、最後に向けての展開。
ステキな2人♡
映画の中で、「黄泉の国」とされていた場所は、山崎監督が実際に中国に行って撮影して、
CG化したと聞いてます。
「武陵源」と「鳳凰古城」というところで、とても素敵な場所でした。
どちらも行ってみたいな~ 



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

バケモノの子

2018.08.16 Thu
細田守監督の映画はiroiroありますが、
見るのは実は初めてです💦
見なかったのは、避けていたからです。
アニメ映画は、あの宮崎駿作品もすべては見てないし、ディズニー映画もそんなにだし、
ピクサーもファインディング・ニモやMr.インクレディブルぐらいで、
トイ・ストーリーやカーズは、多分1作目しか見てないし。
ようは、アニメはそんな感じで実写が好きなのです。
SFも苦手だし、苦手だなーーーと思うモノは無理して手を出さない事にしてるのです、
映画に限らず、iroiroと・・・(;´Д`)


バケモノの子_1


だけど、上映中の「未来のミライ」は、初めて見たい!!と思った細田守監督の作品で、
三女に「細田守監督の映画って面白い?」と聞くと、
「バケモノの子が面白かったよ」と教えてくれたので、見る事にしました。
うん、面白かった(笑)。
最後あたりは、じーーんと泣けても来たし・・・意外だった💦
売れっ子の俳優さんを声優に起用しておられ、
どのキャラクターもピッタリと合っていて、よかったです。
大泉洋もリリーフランキーも、熊徹の役所広司も津川雅彦も・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

何故、今まで行かなかった?

2018.08.15 Wed
山の寺寺院群を後にして・・・
予定してませんでしたが、「そうだ、七尾城へ行こう~♪」と、咄嗟の思い付きで行って来ました💦
旅先での「咄嗟の思い付き」は、いい方向へ転ぶ事が多いです。
更に有意義になっていいと思う(^.^)


P8111005.jpg


カーブが多く、細い山道の運転は、ちょっとだけ緊張しましたが、
後継車はゼロ、たまに対向車が来るくらいで、よかったです💦
七尾城の駐車場に到着すると、眼下に七尾市が開けていました。
遠くには、和倉温泉や能登島も見えます。


P8111006.jpg


現地のボランティアのガイドをお願いして、七尾城址を巡りました。
ガイドさんの説明はちょっと難しかったけど、
それでもお願いしてよかったです。


P8111011.jpg


当時のままの石垣☆
お城は大好きで、昔は天守閣を見ないと気が済まないところがあったけど、
今では、城址の良さもわかって、めっきり石垣や曲輪好きになりました(´艸`*)
石垣が当時のままと聞くと、ゾクゾクします。
また、安土城跡へ行ってからというモノ、山城にはまりましたね。
山城は格別★


P8111008.jpg


本丸跡に到着。
意外と広い面積でキモチいいほど、開けていました。
ガイドさん同行の為、ゆっくりとファインダーを覗いて、構図を考えてる暇がなかったので、
この写真はちょっと不満・・・
広さが伝わらないのが残念。


P8111014.jpg


思いのほか、スケールの大きい山城で、びっくりしました。
隣県にこんな素晴らしい山城があったなんて・・・うかつでした(笑)。
ガイドさんの説明にただただ「えーーー!?」、「へぇーー」と・・
びっくりする声を上げるだけでした(-_-;)


P8111009.jpg


山全体が七尾城なので、曲輪がたくさんありました。
ガイドさんの話では、市の資金不足で調査は出来ないが、まだ発見してない曲輪があるだろうと。
あーー、調査して欲しいですね、是非とも。


P8111013.jpg


弓矢などの武具を整えたとされる調度丸跡。
ここから多くの出土品が発見されたそうです。
上杉謙信でもなかなか落とせなかったという、強固の七尾城は山麓には城下町が形成されて、
北陸最大級の都市があったとは、今にしてみれば想像も出来ませんが・・・
んーー、咄嗟の思い付きで行って、大変よかったです(^^♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

山の寺寺院群 ~山の寺瞑想の道~

2018.08.14 Tue
「山の日」の事・・・・
朝起きて、パッと思いついて、
プラ~ッと、ちょいと行って来たのは、石川県七尾市にある「山の寺寺院群」


P8110987.jpg


4年前、和倉温泉へプチ旅行した時、
何気に帰り道に見つけた観光スポット☆
「いつか行こう~っと」と、じっくりと温めて置いたのでした。
前田利家が、七尾に居城した時に城を防御するために配置したのが始まりだそうで、現存は16ケ寺。


P8110988.jpg


16の寺院をつなぐように、「山の寺瞑想の道」が整備されています。
まずは、16の中でおススメとなっていた、妙観院へ。
竜宮城のような山門が特徴的。


P8110992.jpg


高野山真言宗で、開祖は弘法大師。
ここにも空海あり・・・


P8110990.jpg


弁天様が祀られています。
「七不思議」をはじめ、伝説の多い寺院として有名だそうです。


P8110995.jpg


山の寺瞑想の道を全部歩くのは、この暑さの中、難しいなぁと思ったので、
16のうち、いくつかだけ回って来ました💦
そして、一人で歩くのは、何となく怖い道もあったので・・・(-_-メ)
もう少し、開けていると思ってました。
整備されているとはいえ、山道ですから・・・
意外とすごい怖がり屋の臆病者です、、、、(;´Д`) (年々、臆病になって行きます・・・)


P8110993.jpg


こちらは、常通寺。
これは山門ですが、本堂はまるで昭和初期の木造校舎のような造りで
見るからに寺らしくなく、驚きました💦
あまりにボロボロなので、写真は撮りませんでした(;´Д`)


P8110991.jpg


キリシタン大名の高山右近ゆかりの「本行寺」
国外追放されるまでの20数年間、本行寺に滞在していたとの事。
その本行寺の裏手にあった、謎の石段💦
井戸跡があったり、修道所跡があったり、キリシタンの墓地跡があったり、、、
また、高山右近が高岡城の設計を担当していたとは知らなかった💦


P8110999.jpg


鬼寺で有名らしい、西念寺。
閻魔大王像を見たかったけど、秘仏?


P8111002.jpg


瞑想の道の一部。
こちらは、まだ開けていていい方💦
瞑想の道は、ウォーキングコースと言うことになっています。
しかし、何処をどう歩けばいいのか、順路も決まってないし、
一筆書きのように歩いてすべてを回る事は容易ではない事が、行ってこそわかりました。
コース上にいくつかの駐車場があるので、そこまで車移動して周辺を歩いて回れば、
16ケ寺をすべて行く事が出来たのかも。
ところが、一応はウォーキングコースとなっているので、
車1台がやっと通れるような狭い道幅を車移動して、駐車場へ行く図々しさがありませんでした。
旅を自分の思ったように満喫するには、図々しい心も必要ですかね?
なんて、最近思ったりします(-_-;)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

あれから初めての大雨

2018.08.13 Mon
お盆初日の今日。
セシルが亡くなってから初めて、まとまった雨が降っています・・・・
雷もすごいな・・・


祭壇


ふと、土葬した場所を見つめました・・
その場所は、今では何となく「セシルガーデン」と呼ぶようになったのですが・・・
雷が・・・
雨が・・・
容赦なく、セシルガーデンに降り注いでいます・・・(涙)
セシルが濡れないかな・・・
切なくて、またまた哀しくなりました。
最近また、ひとりになると、ふとどうしようもなく、
底なし沼のように、ぐーーんと落ち込みます。
セシルロスから、なかなか立ち上がれていません。無気力のワタシ・・・
まだ1か月も経ってない。
8月13日は我が家にとっては、ある意味辛い日。
2年前の今日、突然セシルが痙攣し出して、それから昏睡状態に陥った日でもあって、
数日後にセシルが目が覚めた時は、もう歩けなくなっていたので・・・・
思い出してしんみりしてます。
激しい雨音と雷の中、今日もセシルを思います。
いつもやっていたように、セシルを抱っこして、あごでセシルの頭のてっぺんをグリグリしたいなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:セシル | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

この時期になると思い出す

2018.08.12 Sun
8月12日。
1985年、日航機墜落事故が起こってしまった日。
その事故を背景とした「クライマーズ・ハイ」を見ました。


クライマーズハイ_1


日航機が墜落した群馬県の架空の地方新聞社を舞台に、
大事故を取材する新聞記者の奮闘を描いた内容でした。


クライマーズハイ


上映はちょうど10年前。
この頃、まだ主役級ではなかった、堺雅人がすごくよかったぁーーー♡
今や売れっ子の遠藤憲一も出てて、、
それに、滝藤賢一も出てて、、
ある意味すごい映画。
いい俳優さんは芽が出るのですね。そう思ったクライマーズ・ハイでした。
クライマーズ・ハイの意味が内容にマッチしてるのか、よくわからなかったのですが、
あの当時の記者さん達は、きっと極限状態だったと思います。
それも地元の新聞社なら最も・・・
まだ行けてない、御巣鷹山。
決して観光気分ではなく、行かなきゃいけない・・そんな気がしてる。
あの事故は、決して忘れてはいけないと思うのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

真夏の甘夏

2018.08.11 Sat
今年は、7月の酷暑の印象が強烈で、
8月になった途端に、暑さがちょっと緩んだような気がします。
それでも、暑いは暑いのですが、7月よりマシ💦


甘夏


お盆も近付くと、暑い中に秋の気配をかすかに感じます・・・・
今年は何となく、気配も早いなぁー(;´Д`)
期間限定の甘夏。
平成最後の夏。
さっぱりと美味しかった♥



ブログランキング・にほんブログ村へ



カテゴリ:お菓子・スイーツ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

天下分け目

2018.08.10 Fri
天下分け目・・・というと、
すぐに思いつくのは「関ケ原の戦い」。
東軍は徳川家康、西軍は石田三成。
日本の未来を決めた・・と言ってもいい関ケ原の戦いが、
たった6時間で終わったなんて知りませんでした。
ふと、自分の天下分け目というか、人生の分かれ道を考えてみました(;´Д`)
いっぱいあったな、、、ははは・・・・


関ケ原


その関ケ原の戦いで何が起こっていたのか・・・
小早川秀秋が土壇場で裏切ったとか、iroiroと歴史的に言い伝わってますが、
iroiroな人物が混在し、複雑に絡み合って、そこに裏切りとか密約があって、
誤解された事もあったでしょう・・・
現代も9月の自民党総裁選に向けて、じわじわと動いてるみたいで、
ちょいちょいニュースを耳にするようになりました。
それにしても、どの戦国時代のドラマや映画を観ても、
徳川家康って好きになれないキャラクター(;´Д`)
先日亡くなられた津川雅彦氏は、徳川家康を5回も演じられているとか・・・
どれか見てみたいなぁ~
やっぱり、家康を好きになれないかもしれないけど。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

染み渡る、若狭小浜の寺巡り

2018.08.08 Wed
神宮寺から明通寺へ。


明通寺


明通寺は御室派真言宗で、総本山は京都の仁和寺。
2年前だったかな? 8月の京都の酷暑にバテ気味ながら散策した記憶があります。
総本山が仁和寺と聞いて、
どちらも「行ってみたい」と訪ねた事に、ちょっとした共通点を感じました(^-^;


明通寺本堂と三重塔


階段を上がると、福井県に2つしかない国宝が目の前に現れました。
本堂と三重塔。


明通寺本堂


国宝本堂。
佇む姿の神々しさと言うか、たまりませんでした。
本堂内で、こちらの職員さんの案内説明を聞いてから、ご本尊の薬師如来にお参りしました。


明通寺三重塔


国宝三重塔。
鎌倉時代の再建。
明通寺の一番奥に鎮座してて、この風格は格別でした☆
日本海側での三重塔の国宝は、ここしかないそうで、来てよかったです。


羽賀寺


そして、小浜市の寺巡りの中で最北にある羽賀寺へ。
他、萬徳寺も行ったのですが、写真無し💦
その他にも国分寺、多田寺、妙楽寺、円照寺・・・と上げればきりがありませんが、
行きたい寺院は他にもたくさんあります。
若狭は魚も美味しそうだし、魅力がいっぱいだな~と思いました。
コンビニやガソリンスタンドが、市内の中心部へ行かないと見当たらないのが、ちょっと難点ですが、
それもヨシです。
奥深ーーい、若狭小浜の真夏のちょい旅でした。
セシルを失い、淋しいよ~と泣いてる心に染み渡ったな。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

若狭神宮寺

2018.08.07 Tue
こんばんわ、cecilmamaです。

数年前から、じっくりと小浜の寺院巡りをしてみたいと思っていました。
実行する事は、多分いつでもできたと思うのですが、いつも後回しになっていて・・・
今回、やっと実行できたのは、元同僚の存在が大きい。
先月訪ねた安宅住吉神社など、「よかったから、行ってみたら?」と進めてくれた元同僚Sさんが、
話せば話すほど共通点があり、ワタシと嗜好が似てるな~(^.^)と思って・・・・
その人が「小浜よかったよ~~!」と言ったもんだから、火が点いちゃった、単純なワタシです💦


神宮寺


まずは神宮寺。
とにかく、小浜は寺院だらけで、どれがいいとか、わからないけど、
出来れば、霊験あらたかな寺院がいい(´艸`*)
と言う事で、一応調べて訪ねて回りました。


神宮寺本堂


神宮寺は、創建714年の古いお寺で、年号でも分かるように、
なんと立派な平城京が作られた頃とほぼ同時期というか・・・歴史の古さに感動するばかりでした。
こちらが本堂で、室町時代の再建です。


神宮寺本堂内


本堂にはご本尊の薬師如来が安置。
本堂は再建でも、ご本尊は当時のままですからね。
しっかりと手を合わせて来ました。


神宮寺お水送り


本堂の近くにある、閼伽井戸 (あかいど)。
毎年3月2日、奈良東大寺二月堂に香水を送る「お水送り」神事が行われているそうで、
その神事は見学出来るモノと出来ないモノがあるようで、何とも神秘的☆
奈良から若狭までお水を送る・・??
正直、頭の中は「?」でしたが、寺院でもらったパンフレットを読んでわかりました。
古来から、奈良と若狭は地下で結ばれていると信じられて来たそうです。


神宮寺仁王門参道


そして、仁王門へ。
本堂からちょっと離れていましたが、
仁王門までの参道が、こちら。
京都の有名な寺院よりも、こういう古めかしいのが大好きで、ゾクゾクしました。


神宮寺仁王門_1


小浜のこの風情・・何となくですが、奈良の明日香村を思い出したな~
あそこも田舎の中の田舎で素朴でした。
正面から見る仁王門。


神宮寺仁王門


周りは田んぼしかなくて、ごった返す観光客もいない。
とっても画になる仁王門でした☆


神宮寺仁王像


「ん」の仁王様。
若狭は何となく、奈良と同じ雰囲気がある・・
どツボ!!



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |