ロールキャベツの中身

2017.05.27 Sat
こんにちわ、ちょっぴり情緒不安定?な、cecilmamaです(^.^)
さて、さて、自分らしく。

春キャベツを使って、ロールキャベツを作りました。


ロールキャベツ


こんな感じ💦
なんの変哲もない、ただのロールキャベツ。
おしゃれな感じもなく、オーソドックスすぎ。


変わりロールキャベツ


しかし、中身は冷凍ギョーザ。
ひき肉をコネコネ、捏ねるのが面倒くさかったので、
冷凍室で眠ってるギョーザを包みました(^-^;
ロールキャベツ好きの三女が、久しぶりのロールキャベツに「わぁ~♪」
かなり喜んでて、ガブリと一口頬張って、
「・・・・・・・」
「ロールキャベツかと思ったら、中身、肉じゃない・・・」とかなりの落胆(;´Д`)
「アイデアはいいけど・・・・・・・」

・・・・と、ガッカリしてました(笑)。

美味しくない事もないので、興味がある人は是非☆



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ピーマンで一番、好きな食べ方

2017.05.20 Sat
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

温暖な気候になって、スーパーへ行くとiroiroな野菜が並んでいるのを見ると、
やっぱり、嬉しい気分になります。
冬と違って、太陽の下、生産性のある季節は、キモチも身体の動きも軽くなるなぁ♪
ワタシは、やっぱり太陽族( *´艸`)
そして、安価だったピーマンの大量買いをしました。
目的はこれ。


ピーマンの煮浸し


ピーマンを主役とした料理はiroiroあるね~
チンジャオロース、ピーマンの肉詰め・・・
ワタシが一番好きなのは、ピーマンの煮浸し(^.^)
ピーマンの肉詰めといい勝負ですが、やっぱりこれかな★
ワタシ流は、煮る前に軽く焼いて焼き色をつけるところです。
煮る時間も短くなります。
最後の仕上げに、たーーーーっぷりの鰹節を入れて終わり。
冷めたままでも、アツアツでもどちらも美味しいなぁ~
ってな具合で、今回は作り置きにしました。
ピーマンがとろける煮浸し、最高です。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

いかにラクできるかと常に考えてる自分

2017.05.16 Tue
五月晴れ☀という言葉がふさわしい、今日の空。
キモチがいいなぁ~
昨日のもやもやしたキモチと正反対💦
昨日は・・・
多分ではあるけど、多分、他人が親切でやった事が、こちらとしては「大きなお世話」・・
足を引っ張られたキモチにしか思えなくて、久しぶりに勤務中にイライラした自分(-.-)
ワタシが、一番嫌いな二度手間になったじゃんか(-_-;)
珍しく、周りの職員にグチグチといつまで経ってもイライラ感を現しちゃったな。
しかし、勝手にやるのではなく、どうした方がいいか、一言聞いてほしかったな。
こういうところから、信頼関係がガタガタ崩れるんだよ。
何が、「報・連・相」だよ。
ちっともなってないじゃんかよ!
と、ここに当たってるところが、まだ消化してない証拠。
まだ根に持ってる、器がちっちぇーー、ワタシです。


作り置き


とさておき、盛り付ける器が必要ない、作り置きをしました。
最近、作り置き、ちょいちょいやります☆
自分もラクだし、自分がラクが出し・・・
と、自分がラクになる事が、ワタシが行動する第一前提。
(結局、昨日の件は、自分がラクしようとしてた事に途中で邪魔されたので激怒・・・)

今回の作り置きメニューは、きんぴらごぼうと小松菜と油揚げのみそ生姜炒め。


blog順位


そして、プチ自慢💦
昨晩、何気に見たら、第1位☆
あんなくだらないブログを読んでくださり、申し訳ない💦
ブログを立ち上げた頃は、パンに料理に・・とiroiro頑張っていたけど、今では見る影もない・・・・・・・(;´Д`)
だけど、ブログをやっていて助かった~と思った事が、最近ひとつある!
USBに保存していた写真が閲覧できなくなって、お金をかけてUSBを復旧してもらったけど、
自分が、考えていたようには復旧不可能で。
でも、ブログにアップした写真を元に、ほぼ・・何とか自分が望む形のめどが付きそうです(^.^)
バックアップの大切さを身に染みました。
・・と今は言ってるけど、続ける事が大切☆



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

うまうま♪野菜の揚げ煮

2017.03.26 Sun
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

野菜料理の1品☆
素揚げして煮るだけの、野菜の揚げ煮を作りました。


野菜の揚げ煮


これ、だーーいすき♡
野菜は、なすとオクラと人参。


野菜の揚げ煮_2


甘めの煮汁は、酒、みりん、砂糖、しょうゆ、塩、そして水もお忘れなく・・・・(^.^)
分量はもうね、目分量でもう1発で味が決まるのです。
調味料を量らずに直接、鍋に入れて行って、味見せずに1回でいつもの味が出せると、
これって、やっぱり神技~??と自分を称えたくなります(笑)。
いとも簡単に自分を褒めようとするワタシ💦
誰も褒めてくれないしなぁ・・・
なーーんか、iroiroとやってられない事がある時は、
自分で自分を褒められる事を探します(;´Д`)


野菜の揚げ煮_1


作り置き用にもたくさん作りたいけど、
これは一気にみんなの胃袋へ~
すぐに無くなってしまう・・・
揚げ作業・・・出来るだけしたくないワタシにとっては、大分やる気を出さないと作れない料理(-_-;)
頑張って、たくさん揚げればいいだけの話か、、、、



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

いわしの梅煮

2017.02.26 Sun
こんばんわ、cecilmamaです。

いつもなら、グリルに放り込んで、塩焼きにするいわしだけど、
今回は上品に、梅煮にしてみました(^-^;


いわしの梅煮


時々、たまーーーに、気が向けば作る、いわしの梅煮。
作る工程は、とても簡単なのに、ついついグリルに放り込んでしまういわしです・・・


いわしの梅煮_1


ざっくり言えば、お酒、みりん、砂糖、塩、しょうゆ、梅干しを入れて煮るだけ。
いわしが、甘酸っぱくなって本当に美味しくなる☆
初めて作った時は、感動したモノだ!
今回のこの写真も久しぶりに自然光~★
やっぱり、キレイですね。
全然違うわーーーー
いわしの皮は、ズタボロだけど・・・💦
料理も写真も久しぶりに両方がうまくいって、満足、満足♬



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

辛かった棒棒鶏

2017.02.22 Wed
こんにちわ、cecilmamaです(^.^)

ある日の1品☆~
棒棒鶏を作りました。
セシルの手作り食用に買っておいた「ササミ」がたくさんあったので、うれしい消費です(;´Д`)


棒棒鶏


きゅうりを買い忘れて、まぁいいかっ・・と、
代用に玉ねぎを。
辛かったーーーー


棒棒鶏_1


おまけのトッピングした、カイワレ大根も辛かったーーーー
辛い、辛いの棒棒鶏になりました💦
ごまだれは、市販のモノで。
さっと出来てお手頃。
我が家では、滅多に作らない棒棒鶏ですが、(ワタシがあまり好きじゃないという事情があって・・・)
月1、または月2で定番にしてもいいかもなぁー(^^♪
手頃に作れる料理は、もっともっと活用しよう~
料理をするのは、億劫でしょうがない。
ラクしたい・・ただそれだけの落ちこぼれ💦



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

お雑煮とちょっとおせち

2017.01.05 Thu
こんにちわ、cecilmamaです(^.^)
新年が明けて、もう5日・・・💦
早過ぎじゃないです?
1日1日が充実・・と言うよりは、目まぐるしく。
とにかく、目の前の事をコツコツとやり抜くしかない状況で過ごして来たからかな。


おせち_1


3人娘の中で一番チャベチャベとおしゃべりで愛想よしの次女ちゃんも帰省し、
我が家はちょっと賑やかです。
↑ は次女ちゃんに出した、ある日の朝食。


お雑煮


我が家のお雑煮。
しょうゆのすまし汁です。
核家族になってから、iroiroなお雑煮を作って食べてみたけど、やっぱりここに落ち着きました。
ワタシが子供の頃からずーっと食べていた実家の味。具も一緒。
過ごす環境が変わっても、舌は変われない・・・
とつくづく思ったひとつが、お雑煮でしたね。


おせち_2


それから、長皿におせちをちょっとだけ並べて・・・
まぁ、大したモノはないけど、
レンジで作った豚チャーシューが好評でした。
旦那には「煮たの?」 と聞かれて、「ううん、レンジでチン🎵」
即座に「はぁ~?」と、がっかりしたような返事が返って来たので、
「時間を掛けて作ればいいってもんじゃない。効率よく時間短縮で美味しければ、それでいい!」
と力説したら、有無も言わせず撃沈!
ヤッター、ワタシの勝ち★
手間暇かけた料理が食べたかったら、外で食べて来てーーー! by 料理を頑張れない主婦代表



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ももてるの1品再現

2016.12.27 Tue
こんばんわ、cecilmamaです★

京都四条烏丸の「ももてる」さんで食べた1品を作りました。
作ったと言っても、切って焼いただけ💦 調理とは言えませんけど・・・


アボカド焼き_2


「ももてる」さんでの料理名は、なんだったかなー?
多分、【アボカドのおかか焼き】だったような。
座ったカウンター席から、調理場がバッチリ見えたので、観察してたけど、
アボカドを切って、グリルで焼いてただけ・・(^-^;
「これなら、ワタシでもイケる~!!」
簡単なのが何より一番のワタシ✌ 
料理に手間なんていらない!(笑) ワタシの自論(´艸`*)


アボカド焼き_1


焼く前に食べやすく切り目を入れる。
これが、たったひとつの手間。
グリルで焦げ目が付くまで焼きまして、皿に盛って、おかかを上に。
そして、適宜の醤油。
これでOK★
ほくほく、そしてネット~リ。
アボカドが、ワンラックアップします。


アボカド焼き


お酒のアテにいかがかな?
ワインも合うよ~
他、「ももてる」さんで盗み見した料理を再現したい!
どれも、ほぼ切って焼いてTHE・ENDの簡単料理ばかりなり~♫
あぁー、また「ももてる」さんに行きたいな・・
苦手だった京都に、そう思わせてくれるお店が持てるなんて・・・
次女ちゃんに感謝★
年始に帰省すると次女ちゃんからLINEが。
我が家は何一つ、正月らしい事はやらないけど、
少しでもゆっくりして戻ってくれたらと思う母・cecilmamaなのでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ポテサラいくら、真似っこしてみました

2016.12.06 Tue
こんばんわ、cecilmamaです★

こちら北陸地方は、寒さもそろそろ本番のようです。
今週中には雪マーク❆ 雪も間近かと。
あーあ、とうとうやって来ます。冬将軍が・・・


ポテサラいくら


ある日の夕飯の1品☆
ポテサラいくら~


ポテサラいくら


これは、先日の次女ちゃんと行った、京都ディナーの真似っこです(^-^;
ポテサラにいくらをのせる・・・なんて、斬新だよねー


ももてる


京都四条烏丸にある「ももてる」
ポテサラいくらは、ももてるの人気メニュー(^^♪
いくらがのっかってるおかげで、ポテサラがいいお酒の肴になりました。
ワタシの中では、ポテサラはご飯のおかず。
ポテサラを食べながらお酒を飲む・・というスタイルはなかったので(;´Д`)


ポテサラいくら


ポテサラも「ももてる流」で作ってみました。
具は玉ねぎだけで、余計なモノは入れない。
玉ねぎを薄くスライスして、しばらく塩をして置きます。
あとは水洗い、水を切って、茹でたじゃがいもに混ぜました。
いくらは貰い物の冷凍を使って、無理してスプーンでホジホジしたので、
粒が若干潰れちゃってますが・・・・


ポテサラいくら


こちらが本家本元の「ももてる」のポテサラいくら。
クオリティーが違う?(´艸`*)
やっぱり、いくらは粒々が生きて、ピカピカしてないとね・・・
無理してほじっちゃダメだわ。
贅沢にたっぷり掛けてさ~

「ももてる」では、他たくさんの料理をいただきました。
どれもこれも美味しくて、しかも作れそうな家庭料理。
カウンター席しかないこじんまりとしたお店で、カウンター席から調理が丸見え。
待ってる間に、店主の調理を観察して、なんとなーーく作り方も覚えて来たので、
家庭でいくつか真似っこしようと思ってます。
忘れないうちに・・・💦(^.^)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

お揚げさんの肉詰め

2016.11.29 Tue
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

今日は、ちょっと京風に💦
お揚げさんの肉詰めを作りました。
京風って、揚げを 「お揚げさん」 と呼ぶだけですけど・・・(;´Д`)


揚げの肉詰め


数日前からなんか、コレを作りたくて、それに応じた揚げを買って準備してました。
そして、豚ひき肉・・・
鶏ひき肉にしようかな・・とすごく迷ったのですが、豚にしました。


揚げの肉詰め_1


豚ひき肉 250g
長芋 80g → すりおろします。
塩 少々
ねぎ 少々 → みじん切りにします。
ゆず → しぼり汁、皮を少々
揚げ 4枚

↑ これが、揚げと揚げの中身の材料になります。
これを、合わせてよく混ぜて、揚げに詰めるだけ。

あとは、好みの和風だしで煮るだけ。
すりおろした長芋が利いて、いい塩梅にトロトロ(^^♪ 
2個はイケそうですが、1個でやめておく方がいいと思う。
美味しいは欲張らない。
これ、ここんところのワタシの食べる時のモットー💦



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:一品 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |