FC2ブログ

この才能

2018.09.19 Wed
ふっと突然、湊かなえさんという小説家が脚光を浴びるようになったのは、
彼是10年ほど前でしょうか?
その頃、湊さんの経歴をテレビ番組で知って驚いた記憶があります。
単なるイチ主婦だったそうで、元々空想好きでもあり、家事の合間に小説を書いてみたとの事。
なんて羨ましい才能★


贖罪


「告白」をはじめ、「白ゆき姫殺人事件」、「夜行観覧車」、
去年TBSで放送された「リバース」は大好きなドラマだった。
湊さんだ~と知ると、見たくなる傾向★

「贖罪」
このような視点のドラマは初めてでした。さすがだぁーーー
小泉今日子演じる麻子の一人娘エミリが、事件に巻き込まれ殺されてしまいます。
その時に一緒にいた、同級生の少女4人は犯人の顔を見ていたのに、誰一人思い出す事が出来ずに、
15年後、それぞれ4人が抱き続けて来た罪の意識と
エミリの母に対する償いが更に悲劇をもたらす話。
15年後の少女4人がそれぞれ主人公になって、第5話完結で描かれたドラマでした。

贖罪とは・・・
キリスト教においては深い意味があるようで、調べて読んでみたけど、
いまいち意味がわからなかった💦
無宗教なもんで・・( *´艸`)
罪・・
罪滅ぼし・・
罪って消えるのですかね、よくわかりませんけど。
罪悪感というキモチを感じる事がありますよね。
長い時間、忘れずに残る事もあれば、いつの間にか消える事もある・・・
罪の向き合い方も人それぞれなのかな・・
湊さんの小説はいつも深くて好き♥  (読まないけど・・映像オンリーだけど💦)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

老老介護を見る・・・

2018.09.15 Sat
「八重子のハミング」という映画のDVDを観ました。
ある日、旦那さんが癌に侵され、本人はもとより、その妻、家族にも告知をされるのですが、
それを機に、妻が若年性認知症に侵されて行くというあらすじです。


八重子のハミング


認知症は、脳の神経細胞が障害を受けて死滅し、減少して行く事で起こるとされてますが、
環境の変化や精神的ショックが影響して進行する事があります。
八重子さんは、旦那さんが癌になってしまった事で、とっても不安になり、
日常生活動作が段々とおかしくなって行きました・・・
旦那さんは自ら癌と戦いながら、徐々に記憶を無くし、童女に帰る妻の介護をする日々が始まります。
観てて、身につまされました・・・
ワタシの介護職の経験でも、夫と死別した後に認知症になった人を数名、みて来ましたが、
どの人も70代で、印象としては、とっても優しくておとなしい性格。
決まったケースはないと思うのですが、そういえばそうだな・・と、DVDを観て思いました。
今、ワタシが担当する利用者にも夫婦2人暮らしの老老介護中の人がいます。
妻が夫の介護をしてますが、どちらも80代。
夫の今後の自宅での生活は、妻に掛かってるのですが、妻の体調面も心配で、
担当する夫だけではなく、妻の様子も抜かりなく観察して行かなくてはならないなぁと、
身が引き締まる思いでした。
老老介護の現状・・・観てると本当に辛くて大変そうで、、、、
せめて自分は、こうなりたくないと思うのですが、
願わくば、ピンピンコロリ★



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

まさに夢のような

2018.09.11 Tue
こんばんわ、cecilmamaです。

実話をもとにした「ドリーム」
面白かった~
あっという間に見終わりました(^.^)
おススメです♪


ドリーム


人種差別、女性差別が横行していた1960年代のアメリカで、
初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASAの黒人女性スタッフの知られざる功績を描いた内容でした。
まずは、NASAに黒人スタッフが居た事に驚き💦
驚いてる時点で、ワタシも人種差別してたのかなぁって・・
これを観て、NASAが案外とブラック企業だった事もわかります(;´Д`)
人種、女性差別、パワハラ、残業代を払わない・・・
ブラックじゃーーん。
そのiroiroな圧力に屈せずに、
自分達の力で道を拓いて行った、実在の黒人女性3人のたくましさは、
今の自分にとっても見習うところはあったなぁ~と。
また、当時のファッションがこうだったのかは知らないけど、
すごくファッショナブルで、洋服を見るのも楽しかったです。
矢沢永吉じゃないけど、成り上がって行く系、大好き★
TOPは柄じゃないけど、ほどほどに自分が満足する程度に成り上がりたいモノで・・・(笑)。




ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

もう一度逢いたいのは、

2018.09.06 Thu
「ツナグ」

生きている人が「もう一度逢いたい」と死んだ人への再会を仲介する使者がツナグ。
松坂桃李演じる高校生は、ツナグの見習い中で、
祖母の樹木希林がツナグの使者。
祖母の手ほどきを受けながら、「ツナグ」の職業を通して、
他人の人生に深くかかわっていく、青年の葛藤と成長を描いたファンタジーでした。


ツナグ


終始、とても心が温かくなるドラマで、感動しました。
有り得ないけど、こういうシステムがあればいいな・・と思ったかな。
ワタシには、もう一度会いたい死者はいませんけど・・・(;´Д`)
でも、何年後か先、現れるかもしれない。
今、逢いたいのはやっぱり「セシル」(^-^;
それっきゃない。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

終戦のエンペラー

2018.08.30 Thu
このDVDを観た明くる日、
昭和天皇の元側近の日記の内容が発表されて、
昭和天皇が晩年まで戦争責任を感じておられたという内容で・・・
あまりのタイムリーに、とてもびっくりしたほどでした💦


終戦のエンペラー


天皇が戦争責任を負い、あの時に天皇制がなくなっていたら、
日本はどんな国になっていたのだろうか?
想像もつきません。
存在して当然の世の中しか、ワタシは知らないので・・・・
しかし、今度またこの時代の映画を観るとするなら、
A級戦犯目線の映画を観たいなと思いました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

映画化を待った甲斐が・・・

2018.08.23 Thu
芥川賞受賞で注目が集まってた頃、
本を買って、よっぽど読もうと思ったけど、読書が苦手のワタシ・・・
いずれは、ドラマ化、または映画化があると踏んで、我慢してました(;´Д`)


火花


ドラマ化にしろ、映画化にしろ早かったなぁ~
っていうのが、最初の感想💦
ダウンタウンのまっちゃんがある番組で言ってました。
年に何人もの売れない芸人が、夢半ばで辞めて行くと。
芸人の世界はわからないけど、映画「火花」を観て、おもろいだけではない、
売れる売れないの実はすごく厳しい現実・・
芸人の切なさ、こんな感じなのかな、、、?
まぁ文章の世界はわからないけど、
芥川賞を受賞したほどまでの本の素晴らしさが映画版でわからなかったのは残念。
何故、芸人の板尾さんを映画監督にしたのかな・・・
ちゃんとした、経験豊かな映画監督で映画を撮っていたら、全然違ったのではないかな。
なんて思いました💦



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

CGの凄さ・・・・鎌倉ものがたり

2018.08.17 Fri
こんにちわ、cecilmamaです。

DVDが出るのを待って、「鎌倉ものがたり DESTINY」を観ました。
山崎貴監督らしく、CGがすごい☆


鎌倉ものがたり


鎌倉に住むミステリー作家の一色正和とその妻、亜紀子。
鎌倉には人間と魔物や妖怪が共存していて、
町で発生する怪事件の数々を、夫婦2人で解決して行く物語。
こんなファンタジーっぽいのは、あまり得意ではなかったけど、これは面白かった★
堺雅人と高畑充希の夫婦が、必要以上にベタベタとラブラブな夫婦で、
ワタシも昔はこうだったのになぁーーって(笑)。
羨ましくもあり、それがなんか微笑ましく映る映画でした。
「DESTINY」の映画タイトルにもある、最後に向けての展開。
ステキな2人♡
映画の中で、「黄泉の国」とされていた場所は、山崎監督が実際に中国に行って撮影して、
CG化したと聞いてます。
「武陵源」と「鳳凰古城」というところで、とても素敵な場所でした。
どちらも行ってみたいな~ 



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

バケモノの子

2018.08.16 Thu
細田守監督の映画はiroiroありますが、
見るのは実は初めてです💦
見なかったのは、避けていたからです。
アニメ映画は、あの宮崎駿作品もすべては見てないし、ディズニー映画もそんなにだし、
ピクサーもファインディング・ニモやMr.インクレディブルぐらいで、
トイ・ストーリーやカーズは、多分1作目しか見てないし。
ようは、アニメはそんな感じで実写が好きなのです。
SFも苦手だし、苦手だなーーーと思うモノは無理して手を出さない事にしてるのです、
映画に限らず、iroiroと・・・(;´Д`)


バケモノの子_1


だけど、上映中の「未来のミライ」は、初めて見たい!!と思った細田守監督の作品で、
三女に「細田守監督の映画って面白い?」と聞くと、
「バケモノの子が面白かったよ」と教えてくれたので、見る事にしました。
うん、面白かった(笑)。
最後あたりは、じーーんと泣けても来たし・・・意外だった💦
売れっ子の俳優さんを声優に起用しておられ、
どのキャラクターもピッタリと合っていて、よかったです。
大泉洋もリリーフランキーも、熊徹の役所広司も津川雅彦も・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

この時期になると思い出す

2018.08.12 Sun
8月12日。
1985年、日航機墜落事故が起こってしまった日。
その事故を背景とした「クライマーズ・ハイ」を見ました。


クライマーズハイ_1


日航機が墜落した群馬県の架空の地方新聞社を舞台に、
大事故を取材する新聞記者の奮闘を描いた内容でした。


クライマーズハイ


上映はちょうど10年前。
この頃、まだ主役級ではなかった、堺雅人がすごくよかったぁーーー♡
今や売れっ子の遠藤憲一も出てて、、
それに、滝藤賢一も出てて、、
ある意味すごい映画。
いい俳優さんは芽が出るのですね。そう思ったクライマーズ・ハイでした。
クライマーズ・ハイの意味が内容にマッチしてるのか、よくわからなかったのですが、
あの当時の記者さん達は、きっと極限状態だったと思います。
それも地元の新聞社なら最も・・・
まだ行けてない、御巣鷹山。
決して観光気分ではなく、行かなきゃいけない・・そんな気がしてる。
あの事故は、決して忘れてはいけないと思うのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

天下分け目

2018.08.10 Fri
天下分け目・・・というと、
すぐに思いつくのは「関ケ原の戦い」。
東軍は徳川家康、西軍は石田三成。
日本の未来を決めた・・と言ってもいい関ケ原の戦いが、
たった6時間で終わったなんて知りませんでした。
ふと、自分の天下分け目というか、人生の分かれ道を考えてみました(;´Д`)
いっぱいあったな、、、ははは・・・・


関ケ原


その関ケ原の戦いで何が起こっていたのか・・・
小早川秀秋が土壇場で裏切ったとか、iroiroと歴史的に言い伝わってますが、
iroiroな人物が混在し、複雑に絡み合って、そこに裏切りとか密約があって、
誤解された事もあったでしょう・・・
現代も9月の自民党総裁選に向けて、じわじわと動いてるみたいで、
ちょいちょいニュースを耳にするようになりました。
それにしても、どの戦国時代のドラマや映画を観ても、
徳川家康って好きになれないキャラクター(;´Д`)
先日亡くなられた津川雅彦氏は、徳川家康を5回も演じられているとか・・・
どれか見てみたいなぁ~
やっぱり、家康を好きになれないかもしれないけど。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |