FC2ブログ

王道のラブストーリー

2019.02.14 Thu
こんばんわ、cecilmamaです(^^♪

たまーに、多部未華子に似てるねと言われます(´艸`*)
嫌いじゃないから、いい歳してちょいと嬉しい💦


運命の恋


その多部ちゃんと高橋一生様の胸がキュンキュンするムービーを見ました。
「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」
長々したタイトル💦
それも時季外れですが、クリスマススペシャル・・
今日はバレンタインデーでしたがね・・・(;´Д`)
過去に辛い恋愛経験のある、恋愛シミュレーションゲームプランナーの妄想女子と、
女心がまるで分からない社長という男女2人は、いつも意見がすれ違っていましたが、
いつの間にか惹かれ合っていくという王道のラブコメディ☆
この手の結末がわかり切ってる王道のラブストーリーでも、見てて、結末が近付いて・・・
結末はやっぱり予想通りでも、きゃーーー♡という気分になるのはどうして??
孫がいる身分でも「いいなぁ~~~」と思ってしまうワタシはまだまだ気が若い(;´Д`)
この手は昔で言うなら「月9」に有りがちなストーリーでしたが、
まだまだ大好きです。
こういう王道まっしぐらのストーリーは、最近では珍しいなと思って、
ぐぐっとムービーに入り込んでしまいました。
ストレス発散、スッキリです。
王道は、分かり切ってるけど安定感バッチリ★



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

今度は愛妻家

2019.02.08 Fri
こんばんわ、cecilmamaです★

「今度は愛妻家」
気になっていた映画。
かつては売れっ子のカメラマンでしたが、
今では仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、
そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻の夫婦ムービー。


今度は愛妻家


健康マニアの妻に日々、ニンジン茶を注がれて子作り旅行をせがまれていた夫・・・
やがて、クリスマス直前のある日、2人は沖縄旅行に行く事にしますが、
その日を境に2人に微妙な変化が訪れるようになります。
今までいろんな夫婦愛を描いた映画はありましたが、
ワタシにとって、これはトップクラスかな☆
見てるうちにどんどんと引き込まれ、え??という展開が待っていて、
「どうして生きてるうちに言ってくれなかったの?」のセリフには、素直に泣けました。
夫婦の数だけ、iroiroな夫婦があると思いますが、
これを見た、世の旦那連中は、もっともっと妻に優しくしなくちゃ💦と思うのでは?(-_-;)
なんて、思った極上の夫婦愛ムービーでした。
豊川悦司のダメっぷりもよかったけど、薬師丸ひろ子が可愛かったな~★
カ・イ・カ・ン



ブログランキング・にほんブログ村へ



カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

麒麟の翼

2019.02.04 Mon
こんばんわ、cecilmamaです★

東野圭吾原作の推理小説。
東京・日本橋で起こった殺人事件の謎に挑む、日本橋署の刑事・加賀恭一郎。
映画「麒麟の翼」
人々の人情が渦巻く傑作でした。


麒麟の翼


腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟の像の下で息絶えた男性。
その容疑者とされた男は逃亡中に交通事故に遭い、
意識不明の重体となり、ついには亡くなってしまい、事件は闇の中に・・・・
それにしても、被害者はなぜ必死になって麒麟の像まで歩いたのか、
そして、死亡した容疑者の恋人は、彼の無罪を主張しますがその理由とは・・・・
結末は・・・
切なかったです。
人情が欠かせない東野圭吾の作品。大好きです★
今、キムタク主演の「マスカレードホテル」が映画化されてますが、
次々と東野圭吾原作を映画化して欲しいな~
マスカレード・・・面白いかな。
主演俳優が気になるけど💦



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

自分を大切に

2019.01.28 Mon
こんばんわ、cecilmamaです☆

さてさて、はたまた東野圭吾原作のフィルムを見ました。
「分身」
↓ 見ての通り、同じ顔の人が2人。分身です。


分身


主人公は2人。鞠子と双葉。
鞠子は北海道、双葉は東京に住む2人とも大学生。
2人はお互いを知らないけれど、同じ顔をしていました。
似てる‥ではなく、全く同じ。
双子でもないのに・・
では、どうして同じ顔の2人がこの世に生まれて来たのか。 それも1歳違いで。
これがこのストーリーの「核」です★
結局のところ、クローンとして生まれた2人でした。それも、大人の勝手なエゴで。
鞠子の父は産婦人科医で、結婚前に好きだった晶子という女性を忘れずにいました。
晶子は、他の男性と結婚してしまっていて、
不妊に悩む晶子夫婦は不妊治療に鞠子の父が勤務する大学病院へ行くのですが、
大学ではひそかにクローン研究がなされており、そこで晶子は卵子を採卵されるのですが、
鞠子の父は、同じ不妊治療をしていた自分の妻に惚れた女性の卵子を宿すのでした・・・・
結果、妻は無事に出産し、生まれた「我が子」は段々、好きだった晶子にそっくりというか、
同じ顔になって行き、娘として見られなくなって行くという、、
考えると何とも気色悪い男です。
そして、もうひとりの同じ顔の双葉はどうして生まれたのかですが、
当時クローン研究の助手をしていた女性が自ら実験台になり、
胎児の成長課程を研究する実験だったので、最後には堕胎する事になっていたのを、
母性が生まれたのか逃げ出してしまい、産んじゃったという事で。
大人のエゴで生まれたクローン人間の2人。
その後の展開は、本を読むかフィルムを見て下さい💦
羊やネズミや動物ではクローン実験が行われているけど、人間ってこれから先、あるのでしょうか。
セシルのクローンが居たら・・・と考えた事はない事もないけど、
でもやっぱりそれが現実になっても嬉しくないかもです。
ダメだよね、倫理的にそういう事は。
「分身」を見て、自分を大切にしようと思いました。
自分は自分、この世にたった一人しかいない自分。
大切にしようと☆



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

仕事、頑張ろう~

2019.01.24 Thu
こんばんわ、cecilmamaです(´ー`)

ハリウッド映画「プラダを着た悪魔」
面白かったです。
恋に仕事に頑張る女性が主人公。
ワタシも「あーー、仕事頑張ろう!」と思えた映画でした。


145495_01.jpg



主演のアン・ハサウェイ。すごく可愛い~
ハリウッドでは、好きな女優さんです♥
口元とかちょっとたれ目っぽい目が好きです。
もうひとりの主役、メリル・ストリープが演じるのは、
ファッション雑誌「ランウェイ」の編集部の鬼編集長ミランダ。
ファッション業界に対し、絶大な影響力を誇るミランダ。
ミランダは、自分の身の回りの世話をアシスタントに押し付けるなど
横暴を発揮する最悪のパワハラ上司で
その上司のアシスタントに就職したのが、アン・ハサウェイ演じるアンドレア。
始めはミランダのわがままに振り回され、なかなかうまく対処できず、すっかり落ち込んで
仕事仲間に泣き言を言うのですが、
逆に努力不足を指摘され、それからファッションへの興味を持ち、
仕事への姿勢を変えていった事で徐々にミランダの信用を得ていく姿は見ていてキモチよかったです★
こうなれば、仕事は楽しいです(^.^)
ワタシも「仕事が楽しくなって行く瞬間」を何度も味わいました。
それはそれは最高です(^^♪
仕事は生活の一部です☆
自分を表現するモノと思います。
生活の為・・・と嫌々ながらダラダラと続けることはワタシは不可能で、
そこに必ず遣り甲斐を感じないと続けていけない💦
好きな事を仕事にしてる幸運な人は少ないと思います。
そうでない人は、自分の生業を好きになればいいと思いますけど・・・・
それが、なかなか難しいという事ももちろん何度も経験して挫折して来ました💦
何度でも頑張りましょう~やり直しは何度でも出来る☆
きっと好きになれる仕事が見つかると思います。
今、何度もやり直して来て、あぁ~よかったと思ってます(^-^;
横道を反れましたが、プラダを着た悪魔、見ると割りとスッキリしますよ。
おススメです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ぶどうのなみだ

2019.01.22 Tue
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

大泉洋主演の北海道3部作★
1弾目は「しあわせのパン」
そして2弾目・・・「ぶどうのなみだ」を見ました。
オール北海道ロケです。
映像を見てると、北に憧れないワタシでも行ってみたいな~🎶というキモチになりました。


ぶどうの涙


北海道・空知。
父が遺した小麦畑と葡萄の樹のそばで、兄のアオはワインをつくり、
年の離れた弟のロクは、小麦を育てています。
アオは“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄「ピノ・ノワール」の醸造に励んでいますが、
なかなか理想のワインが出来ずに苦悩していました。
そんなある日、突然キャンピングカーに乗ったエリカと名乗るひとりの旅人が、
2人の目の前に現れて、いきなりぶどう畑に大きくて深ーーーい穴を掘り始めます。
その穴の意味とは何か・・・??
不思議な輝きを放つエリカは、アオとロクの静かな生活に新しい風を吹き込み、
変化をもたらすのでした。
「しあわせのパン」もそうでしたが、北海道の雄大な景色はもちろんの事、
ワイン、パン、食事シーンに出て来る料理の数々は、みんなどれもこれもとっても美味しそう~
正直なところ、内容はそんなに心に入って行きませんが💦
映像がとにかく綺麗で、そしてこんな大自然の中で好きなワインつくりをしてるって、
ワタシとしたら、とても現実離れしていて、
見てると平和ボケしそうでした(^.^)
そして、シリアスな大泉洋って笑える(;´Д`)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

嘘を愛する女

2019.01.18 Fri
こんばんわ、cecilmamaです★

「嘘を愛する女」
いつ行ってもレンタル中で・・・やーっと見れた💦


嘘を愛する女


これ、実話を基にしたストーリーだそうで。
こんなことが実際にあるなんてね・・・人生とは本当に小説より面白いかも。
ワタシの事を誰も知らない土地に行って、
自分以外の人になって生きたらどうなるだろう?と、時々思ったりします。
旅へ行った先で考えるな~
この町で・・・とか。港町へ行くと、決まって考える(笑)。
港町には、そういう現実離れできそうな雰囲気をワタシは感じる。
あ、話は映画に戻り、、、、
嘘を愛するか。
ワタシは嘘を愛せません。
嘘は嫌です。
高橋一生、カッコよかった♥(^.^)
必見です。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

素性を知りたがる真意

2019.01.09 Wed
こんばんわ、cecilmamaです。

ここ近年、富山ロケが多くなりましたが、これもそのひとつで、
舞台は県東部に位置する、富山県魚津市。
映画では魚深市として出て来ましたが、全編魚津市が舞台となっておりました。
ふと、あの火曜サスペンスタッチで、能登のヤセの断崖も出て来たけど💦
映画「羊の木」
どこか静かな雰囲気が流れる内容でしたが、いつどんな事で震駭するのか、ドキドキして見てました。
↓ というのも、下の映画ポスターにある、錦戸亮と木村文乃以外の人物は全員元殺人犯だからです。


羊の木


人口が減って過疎化が深刻な問題となっていた魚深市は、
元受刑者を地方都市に移住させるという、国の極秘更正プロジェクトに取り組むこととなり、
過去に凶悪犯罪を犯した、元殺人犯6人を受け入れることになった魚深市。
元受刑者の情報は市民には一切知らされず、
魚深市の中で計画を知るのは、市長と6人の受け入れ担当となる市職員の月末とその同僚の3人。
やがて、静かで小さな町に殴打殺人事件が起きて、一挙に不穏な空気に包まれますが、
6人とも不気味で、特に松田龍平の不気味さは、生前の松田優作を思い出しました。
横顔が松田優作とそっくりなシーンがあって、ドキッ!!
わぁーーそっくり。
さすが、親子ですね~ 
お父さんを超える、すごい俳優さんになって欲しいと思います。
それにしても、自分の住む町に元殺人犯が何人も移住したら、
更生したかもしれないけど、やっぱり怖いと思います。
人の素性は、大変気になる部分なわけであって、知らないと不安になる事はありますよね。
全く深い付き合いでもない、近所の人や昔のちょっとした知り合いとふと会った時に、
「今、何してるの?どこで働いてるの?」とズバズバ聞かれた経験は数えきれないくらいあります。
ワタシが一番、嫌いな質問です。
心の中で「何故、あんた如きに言わなくちゃいけないの?それを知って何かあるの?」と、
そのたびに思っては嫌な思いをして来ました。
素性を知ってる安心感というよりは、それは興味本位しかないと思いますが、、、
聞かれたからと言って、なり降り構わず、自分の素性をバラまかないようにしようって、
そんな事を、たまーーに、思ったりなんかして、
言ってしまった後に、いつもいつも後悔してました。
素性を知らない恐怖、そして素性を知ってから、その人をどこまで信じられるか。
なんか普通に日常にあるような事がベースになっていて、見入っちゃった映画でした。
詳細な素性は親しい人にしか教えたくないし、
軽いキモチで人を信じない事が一番でしょうかね(-_-;)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

これは問題作

2019.01.07 Mon
「友罪」
これは問題作と思います。
それはこの映画を観た人ならば、誰もがあの神戸の連続殺人事件を思い浮かべるからです。
事件の内容と映画の内容もいくつか被っていました・・
実際の少年Aは、今どのように生きてるのか知らないけど、
映画を見る限りではドキドキしました。


友罪



少年Aは、今どんな暮らしをしてるのだろう・・
友達は出来た?
どんな仕事をして生計を立ててる?
同僚には正体はバレてない?
誰かと一緒に飲みに行ったりしてる?
恋をしてる?
テレビ番組は何を見てる?

映画の中では、瑛太扮する元少年Aですが、やっぱり他の人と違って不器用で、雰囲気も異様で、
周りの人から疑いの目を向けられるようになって行きます。
大きな罪に囚われ続けながらも、周囲と心を交わして行く様子は少し切ないモノがありました。
瑛太の演技が脅威でした。
最近では、「西郷どん」で大久保利通を演じてた同一人物とは思えない(-_-メ)
すごいな、役者さんって・・
話は戻り、
自分の周りに有名な凶悪事件の犯人「少年A」が居たら・・・
やはり戸惑いますね。
そして、興味が湧くと思います。
犯罪を犯したなら、成人でもそして、少年AやBだろうがCであっても、罪は罪。
ワタシは個人としては少年法など無くし、成人も少年も同じように罰すればいいのに・・と、
凶悪犯罪に関しては、いつも思っていますが、
この映画を観ると、少年Aにも光をかざしてあげたくなるような、今までにないキモチを持ちました。
罪というモノは、被害者や犯人の周囲を取り囲むすべての人に、
ありとあらゆる側面があるとしみじみ思いました。
決して、明るい内容の映画ではないけど、自分がどんなキモチを抱くのか、
自己覚知する為にはおススメです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

祈りの幕が下りる時

2019.01.04 Fri
年末年始は映画のDVD鑑賞三昧でした💦
箱根駅伝だけは、大好きなので最後までじっくりと見てましたが、
正月の特番・・・なーーんか面白くないし(;´Д`)
見たかった映画をまとめて見る事が出来たので、すごく満足してます。


祈りの幕が下りる時


まずは「祈りの幕が下りる時」
さすが、東野圭吾原作★
ただの推理サスペンスに終わらず、胸にグッとくる切ない感動が必ずあるので、
東野圭吾氏の作品は大好きです。
映画が上映された頃から観たかったけど、DVDのレンタル化になるのを
首を長くして待ち望んだ映画のひとつでした(^-^;
家族の哀しい過去に潜む事件のカギ・・・
福山雅治主演の「容疑者Xの献身」を彷彿させる内容でした。
こういう内容は、東野圭吾氏は得意なんだね。
あれもそう・・・東野圭吾氏の作品を好きになるきっかけになった「白夜行」や「流星の絆」
ミステリーの中の心情描写がたまらない。
松本清張氏も心情描写が素晴らしいなぁ~と子供心に思ってましたが、
特に「砂の器」なんてね、とても心に残る切なさで・・・
東野圭吾氏は、松本清張氏に匹敵するのではないかなぁ。
今回の作品は、松嶋菜々子の演技が好きでした。
美しい女性が犯人・・ありがちです(ネタばらし・・・)💦
見始めてしばらくすると、犯人は松嶋菜々子だろうとわかりましたが、
ひも解くカギと言うか、えー!?と驚かされて、
最後は泣いちゃいました。
それにしても、阿部寛も段々と演技に渋みが増して・・・
デビュー作の映画「はいからさんが通る」なんて、
カッコいいだけで、今から思えば、顔から火が出るほどの演技でした💦
将来、いい俳優さんになるか、ならないかなんてわかりませんね。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |