原点に戻る

2017.05.02 Tue
最終日の最後を飾ったのは、熊野本宮大社でした。
熊野古道って何??(;´Д`)
知ってるようで、全然知らなかった。
熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つを熊野三山と呼び、
熊野三山の参詣道を熊野古道と言うそうです。


熊野本宮大社


今回は、熊野速玉大社は行かず、熊野那智大社に次ぎ、熊野本宮大社へ足を運びました。
熊野詣は、日本人の旅の原点だそうです★
ここから先は神域。


熊野本宮大社_神門


神門を抜けると、3つの神殿が並んでました。


熊野本宮大社_神殿_1


伊勢神宮や出雲大社へ行った時も感じましたが、やはりこの場所は普段とは違うな・・と。
神様を信じる、信じないは別として、神々しい・・という言葉がふさわしいのか分からないけど、
普通とは違う。


大斎原_案内板


そして、近くにある大斎原(おおゆのはら)へ。
明治時代の大洪水までは、熊野本宮大社の旧社地だったそうです。
神様が舞い降りたという・・・今ではパワースポットに★


大斎原_大鳥居_3


田んぼの真ん中に、どーんと建ってます。
画になる、大鳥居。


大斎原_大鳥居_2


ひたすら一本道。


大斎原_大鳥居_1


日本最大の大鳥居だそうです。


大斎原_大鳥居


本当に巨大!


世界遺産_大斎原


世界遺産になってますね。
両側に杉の木が立ち並んでいる参道は、熊野古道と繋がってるそうです。


大斎原


大洪水で流失した中四社・下四社をまつる石造の小祠が建てられています。

・・・と長々と紹介しましたが、
まさか「熊野古道を歩いてみたーーい!」と旅の締めくくりに思って帰って来るとは、
想像もしてませんでした💦
自由奔放にひとり旅を何回も満喫して来ましたが、
今回の旅は、3本の指に入るとってもいい旅になりました。
呼んでくれた和歌山に感謝すると共に、和歌山が好きになりました。
熊野詣が日本人の旅のルーツね・・(^.^)
ワタシは、日本人の旅の原点に戻ったわけだ!
心の片隅に置いておこう、このキモチ☆



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

太古の那智山へ

2017.05.01 Mon
3日目の最終日も佳境を迎えまして・・もうしばらくのお付き合いを💦
那智勝浦町へ行きました。
勝浦温泉は昔から行きたかった温泉ですが、それは素通りして、、、


ようこそ勝浦へ


素朴な駅前通りでした。
そして、勝浦漁港はマグロの水揚げ日本一だそうで・・
これは、マグロを食べるしかない!と心に決めて、
JR紀伊勝浦駅前のお店に入って、マグロの創作料理を食べました~


鮪中トロかつ定食


iroiroな創作料理がありましたが、マグロの中トロかつを・・・★
とんかつより美味しかった~🎵
また、お値段もめちゃくちゃリーズナブル(@_@)


熊野那智大社_1


そして、本題。
那智勝浦町というと、熊野那智大社・・・
いずれは行きたかった。
行って来たよ~★


熊野那智大社


本殿です。
信長の焼き討ちに遭って、秀吉が再興したそうです。
標高330メートルに位置してますが、それ以上の高さを感じました。


熊野那智大社_開運


今年の干支。
開運!!
もうすぐ5月ですが(この日は4月23日)、
「今年はいい事がありますように・・」と、気分も新たに。


胎内くぐり_1


そして、行ったら是非やろう~!と決めてた、胎内くぐり。


胎内くぐり_2


木の根元にちょうど大人が通れるような空洞があり・・・


胎内くぐり


護摩木に名前と願い事を書いて、それを持って胎内をくぐると願いが叶うという(^.^)
納めた護摩木は、お焚き上げをして祈願されるそうなのです。
しっかりと願い事を書いて、くぐって来ました~★


青岸渡寺


そして、那智の滝と三重塔のコントラストが綺麗な青岸渡寺へ。
4世紀頃にインドの僧が開山したそうで、すごい歴史だなーー(@_@)
思いがけず、たくさんの参拝客でした💦


青岸渡寺と那智の滝


有名な景色。
やっと現実に見られた(^^♪


那智山青岸渡寺_三重塔


三重塔の中に入って来ました。


青岸渡寺の中


中の天井・・・・


青岸渡寺の



那智の滝


三重塔から那智の滝を観賞。


那智山


たった標高330メートルとは思えない・・
なんせ、いくつものヘアピンカーブを走って登って来たので、すごい高いイメージ💦


熊野道


青岸渡寺境内にあった、熊野道。
今は通り抜けできないそうです・・・


熊野古道入口


だけど、少しだけ入ってみました💦
ちょっと見ただけですが、無性に熊野古道を歩きたくなって来たぞーー
んーー、いつかまた・・いずれまただな(^-^;
次の課題が出来た(笑)。
旅から旅へ・・旅と旅は繋がってるなぁと思いました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

南紀白浜から海岸沿い

2017.04.30 Sun
俗に南紀白浜という言い方をしますが、
最終日の3日目は、白浜町から南へ・・そして、南紀勝浦方面に車を走らせました。


白良浜_1


まずは「白良浜」へ。
着いてびっくりしましたよ。 
この景色(^^♪


白良浜_4


真っ白な砂浜。
青い海。
まるで、沖縄みたいだなぁ~と思って。


白良浜


あまりにも綺麗なので、波打ち際まで行きました(^.^)


白良浜_3


空、海、砂浜の3層。


白良浜_2


海水も透き通って・・・
こんなに美しい海は、沖縄でしか見た事が無かったけど、ここにもあったのね~
和歌山へ行く事があれば、是非「白良浜」へ~(^^)/
一見の価値あり★


崎の湯


それから、以前テレビで見て、行きたーーーい!と思った、白浜温泉の露天風呂「崎の湯」へ。
白良浜から、すぐそこです。
岩造りの露天風呂で、目の前に太平洋が広がり、波の音を聞きながら入湯。
大自然の中の温泉は、人生初めて。
とっても思い出になりました。


千畳敷_4


それから海岸続きで・・千畳敷へ。


千畳敷_2


初めて見る、異様な景色でした。
初めて、鳥取砂丘を見た時の衝撃と似てたなぁ~
一面に岩盤が広がっていて、近くにいた他の観光客の人達が一目見て「何これ?!」と叫んでました💦


千畳敷_1


またまた、岸壁まで歩いてみました。
結構キモチがいい~ スリル~🎶


千畳敷_3


浸食された岩肌アップ。


千畳敷


残念な事に、千畳敷に何かで削った落書きがたくさんありました・・・・(-.-)
ほぼ日本語だったので、日本人の仕業でしょう・・・・
日本の自然は、まず日本人が守らなくてどうするよ。
情けないな・・・


名勝三段壁


千畳敷から車で数分。
三段壁へ。
白良浜 → 崎の湯 → 千畳敷 → 三段壁 は短いコース。
南紀白浜の海を満喫できました。


三段壁


三段壁の高さは約50メートル、断崖絶壁の長さは2キロに及ぶそうです。
東尋坊とはちょっと違う迫力があったよ。


橋杭岩


こちらは、南紀勝浦に向かう道中で見かけた景色です。
本州最南端の串本町にある橋杭岩。
それにしても、海の色が綺麗すぎて、車窓から何度も見惚れてしまいました。
運転好きにはたまらない、最高のドライブコース🚙
また、海だけでも見に行きたいなーーと思う、南紀の海だったなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

やはり、城めぐりは必須

2017.04.29 Sat
こんばんわ、cecilmamaです。

もう少し和歌山レポ、続きます(^^ゞ
友ヶ島から向かったのは、和歌山市内。


和歌山城_2


和歌山城へ向かいました。
こちらは、天守曲輪。


和歌山城_1


お城好き・・
やはり、お城を観ない事には・・・(*^_^*)


和歌山城_鯉のぼり


和歌山城


本来の天守閣は国宝に指定されていたそうですが、
和歌山空襲で焼失し、のちに復元されたそうです。
徳川御三家の名城だったのでしょうね、、、惜しいです。
再建の時には、和歌山県出身の松下幸之助が、最も多額の寄付をしたそうです。
昨年の熊本地震で倒壊した熊本城もそうであるように、
城は町のシンボル☆
元々そこにあった城って、そこに元気な姿で存在しないと、なんか調子が狂っちゃうというか、、
とても淋しくなるのでしょうね。


天守閣から_1


天守閣の展望。


和歌山城_しゃちほこ


天守のピカピカ感は否めなかったけど、
石垣が遺構なので、それはよかったかなぁ~
焼失って、本当にもったいないとつくづく思っちゃう。
戦争の損失は、人命が一番の損失だけど、歴史文化とか・・・
どうしようもなく、ただあぁーーーと思うちゃう。


天守閣から


ざっくりと和歌山城を紹介して2日目終了です。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

まるで天空の城ラピュタの世界

2017.04.28 Fri
さて和歌山2日目です。
その前に、高野山の宿泊先が変わっていたので、写真のチョイと載せ☆


高野山ゲストハウスKokuu


高野山ゲストハウスKokuu


高野山ゲストハウスの中


高野山での宿泊・・となると、宿坊が思い浮かびますが、
厳しい規則がありそうなイメージで、ちょーーっと恐れ多くて手が出なかったワタシは、
高野山唯一のモダンなゲストハウスを選びました。
カプセルタイプのシングルがメインですが、それでは窮屈できっと我慢できないと思ったので、
ロフト付きのダブルベッドルームを・・・(^-^;
他のトイレ、シャワー室は各2つで共有スペースです。
ここでは、ワタシ以外の宿泊客は全員海外の人で、ハウス中に外国語が飛び交っていました💦
元々が、海外のお客様を対象としたゲストハウスだったようです(@_@)
あちゃーー


友ヶ島へ_乗り場


さて、本題の2日目レポは・・・
以前から行きたいな~と願っていた「友ヶ島」へ。


汽船_1


100人乗りの船に乗って、友ヶ島へ。
片道20分の船旅です。


汽船


船は超満員でした。
実は、11時発の船が目当てでしたが、定員オーバーで乗れず、
12時発の船に乗ったのでした。
とりあえず、乗れただけで安心。
沈没さえしなければ、念願の友ヶ島へ行けるのだから。


野奈浦桟橋_2


桟橋に到着。


野奈浦桟橋


ここから、思い思いにスタートします。
右へ左へ、たくさんの人が散らばって行きました。
ワタシは右へ。


廃墟


しばらく歩くと、今は廃墟となった海の家がありました。
廃墟・・・いいねぇーーー☆
ちなみに友ヶ島は無人島です。


第2砲台跡_1


第2砲台跡へ目指します。


第2砲台跡


到着。
第2砲台跡。
明治時代から終戦までの間、由良要塞の拠点として旧陸軍に使用されていたとの事。
終戦後、大砲は取り壊されてしまったけど、砲台跡や弾薬庫跡が島に残されている状態・・・


友ヶ島灯台


第2砲台跡から友ヶ島灯台へ。
明治5年に日本で8番目に出来た灯台で、現在も稼働中。


孝助松海岸


それから海岸線へ。
孝助松海岸に立つ、一本松が印象的でした。


島内散策


それから次の目的地まで、ただ黙々と歩く・・・歩く。
その間に野生のリスや鹿に出会いました。
奈良公園で放し飼いになってる鹿とは大違いですね。
やっぱり、自然の山で見る鹿にはギョッとしました。
なんせ、野生・・・何されるか怖い・・と思って。鹿におののくワタシでした。


旧海軍聴音所跡_2


旧海軍聴音所跡。


旧海軍聴音所跡_1


怖いけど、中に入って来ました。
日頃はとっても怖がり屋のワタシですが、一人旅の時にしか出ない、変な勇気💦


旧海軍聴音所跡


潜水艦の侵入を察知する為に造られた施設だそうです。
何度か役に立ったのでしょうかね・・・


島内散策_1


また、うっそうとした森?をてくてく歩く・・・
誘導板が所々にあるし、基本が1本道なので道に迷う事はないにしても、
ちょーーっと怖いだけ、心細くなるだけ・・・・
そういう時は独り言が多くなる(^-^;


第3砲台跡


そして、友ヶ島のメインディッシュ、第3砲台跡へ🎶


第3砲台跡_1


ここがラピュタの島と言われる由来。
まるで、天空の城ラピュタ・・・・
と言いますが、ここだけの話。ワタシは映画を一度も見た事が無いのです(笑)。
今度、見るかな💦


第3砲台跡_2


この独特の雰囲気は、ここに来ないと味わえません。
来てよかったーーと思いました。
こちらは、島内に残る砲台跡の中でも最大規模。


地下道へ


さて、ここからも恐怖体験・・・
折角来たから!と変な勇気を振り絞って、真っ暗な地下道へ行きました。


地下道トンネル


地下道です。
やだ、本当に真っ暗。
少しの灯りもない状態・・・
iPhoneの懐中電灯を点けてまっしぐら。iPhone様、様。


砲座


砲台跡。
ここに大砲があったとはね・・・想像するとやっぱり怖い。
砲台跡は6ヶ所あるそうですが、実際に回って見て来たのは3ヶ所どまり・・・
同じ船に乗った人は100人はいるでしょ。
という事は島内に必ず100人はいるのに、ここに誰ひとりいないって・・・
早く、人の気配がする所に行きたかったので切り上げました(笑)。


野奈浦桟橋_1


約2時間半の島内散策を終え、桟橋から汽船に乗って加太港へ向かいました。
島から淡路島が見えたり、美しい海の景色や森の景色・・・
素晴らしい島旅でした。
島はいいね・・・
船旅、たった片道20分でしたが、船旅はワタシの憧れです♥



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

戦国武将のお墓参り

2017.04.27 Thu
奥之院の続きです・・・💦

無数のお墓や慰霊碑、供養塔、名前も分からないような無縁仏が、
参道の脇にずーーーっと、たくさんたくさん並んでいました。
その中に時々、ハッ!と目が留まるお墓や供養塔を発見する。
誰もが知る、戦国大名や歴史上人物の名前を見つけて、ワクワク、ドキドキ☆
そんな奥之院参りでした。


前田利長墓所


中の橋から御廟に向けて歩き始め、最初に見つけた戦国武将の墓所は、前田利長公でした。
前田利長と言えば、我が町高岡です。
瑞龍寺の近くに大きな墓所があったはずですが、奥之院にある墓所も大きかったです。


豊臣家墓所


それから、豊臣家墓所。
これは別格でした。
さすがは秀吉、太閤様なのでしょうか。


豊臣秀吉墓所


中央が秀吉のお墓で、直接墓所に入れないように柵がしてありました。


織田信長墓所


それから、しばらく進むと、織田信長のお墓が・・・
iroiroな武将のお墓を見ましたが、実は信長の墓石にだけ、自然と手が行って触れて来ました(^-^;
「信長ーー♡」と気が付くと、まぁるい墓石を撫でていたワタシ。
やっぱり、戦国武将の中では好きなのです。


石田三成墓所


石田三成の墓所。
本人が生前に建てたものだそうです。


明智光秀墓所


明智光秀墓所。
他の武将のお墓は参道脇に立っていたのに、参道から中に入って、目立たない所にありました。
さすがに立派ではなかった。
主君を裏切るからだよ。


浅野内匠頭墓所


浅野内匠頭墓所。
確か、泉岳寺にもお墓があったような記憶。


本多忠勝墓所


家康の家臣、本多忠勝の墓所。


伊達政宗墓所


伊達政宗墓所。
秀吉よりも信長よりも誰よりも大きかったです。


武田信玄・勝頼墓所


武田信玄・勝頼の墓所。
左が信玄だったかな。


徳川吉宗墓所


徳川吉宗の墓所。
これは、一般の方の墓所の中に、吉宗のお墓が立っていて、何故こうなったのかな~?と思ったけど。


市川団十郎墓所


初代市川団十郎墓所。

・・とまぁ、撮影しただけでもこれだけ。
他未撮影の墓所も数々ありました(@_@)
薩摩島津家、黒田家、浅野家、毛利家・・などなど。
あとは、「〇〇院」と書かれた墓石がたくさんありすぎて、
誰の奥方?とさっぱりわからない状況・・💦
しかし、どんなテーマパークよりワクワクしました(^^♪
歴史好きにはたまらない。楽しかったぁーーー
また行きたいなぁ、飽きないこういう場所・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

高野山の核・奥之院へ

2017.04.26 Wed
こんばんわ、cecilmamaです。

引き続き、高野山のレポです☆
檀上伽藍エリアから車で奥之院エリアへ移動。


奥之院_中の橋入口


中の橋にある駐車場に車を停めて、中の橋から奥之院の参道に入りました。
こちらが参道の入口。
一の橋からゴールの弘法大師御廟まで約2キロ💦
一の橋から御廟に向けて参拝するのが正式とされているそうですが、
ワタシは中の橋から・・・(;´Д`)
一の橋付近の駐車場は、ほんの数台しか駐車できない上に有料。
中の橋の駐車場は大型駐車場の上、無料☆
となると、おのずと中の橋を選んじゃいますよね(´艸`*)


奥之院_中の橋


参道をどんどん歩いて行きました。


ヤクルト


変わった墓碑があったので、カメラでいくつか撮って来ましたよ。
見ての通り、ヤクルトの従業員慰霊碑。
企業の墓碑や慰霊碑がたくさんありました。
ほとんどが大企業で、名前を見れば「はぁ~ん」と思うモノばかり・・・
全部は無理なので、いくつかブログにアップします。


パナソニック墓所


パナソニック墓所。


日産自動車慰霊碑



日産自動車。
あのーー、普通に思うのですが、労災で亡くなった人の? と思ったのだけど、
それだけではないのかな???
本当にたくさんの企業慰霊碑がありました。
UCC珈琲、福助、キリングループなどなど・・・ 
奥之院のパンフレットがなかったので、行っておきながら、よくわかってないワタシ(;´Д`)


東日本大震災慰霊碑


そして、東日本大震災の慰霊碑もありました。
ここでは、自然と手を合わせて来ました・・・
最近、「東北でよかった」と発言した、アホくそボケ大臣がいますが、
どういうキモチであんな発言が出来るのか、全く理解できません。
許せんわーーーー 
四国でも北海道でも、何処でも何でも、あんな事が日本の何処かで起こるのは悲しい事なのに。


奥之院墓標


奥之院の参道は、ずーーっとこのような風景。
約20万基を超える、墓碑や供養塔が眠っているそうです。
お墓とか、正直キモチが悪い・・・と思う人は無理かもしれません。


奥之院参道_1


でも、参道を歩いてると不思議なキモチになりました。
日本人なら、是非高野山の奥之院へ・・・と思います。
しかしながら、檀上伽藍エリアといい、奥之院エリアですれ違う人の多くは外国人ばかりで、
日本人は滅多にいない事に驚きました。


奥之院参道


大きな老杉もたくさん、たくさんそびえています。


奥之院参道_2


ゴールの弘法大師御廟は撮影禁止の為、何の写真もありませんが、
入った燈籠堂がとても素晴らしかったです。
天井を見上げると、灯りがともったたくさんの燈籠が幻想的で、どれだけでもボーッと見ていられました。
あそこは、もう一度行きたいなぁ~☆ いや、何度でも・・・


奥之院参道_3


とにかく、神聖な空気でした。
ここを訪れる人は、さすがにギャーギャー騒いでるとか、変な人はひとりも居なかったな(´ー`)
奥之院の写真が多過ぎるので、パート2もあります。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

信仰の地・高野山

2017.04.25 Tue
つづら折りの山道を結構走って、
後続車がすごく気になり、あぁーーもう疲れた💦と思ったぐらいに辿り着いたのは、
標高およそ900メートルに広がる高野山。
約1200年前に空海(弘法大師)によって開かれた高野山真言宗の総本山。
桜はちょうど満開でした♪


中門


どの駐車場も超満車だろうと覚悟を決めて行きましたが、そうでもなかった。
これも平日だったから?
そして、最初に向かったのは壇上伽藍。
こちらが、中門。


根本大塔


こちらは写真で何度も見た事がある、根本大塔。
中に入ると、キラキラ輝く金色の大日如来・・・・見惚れちゃった。


檀上伽藍_1


壇上伽藍の境内はとっても広くて、あっちこっちと伽藍を見て回るのがちょっと大変かも。
この日のうちに奥之院も行きたかったので、時間の関係上、見たい伽藍だけ足を延ばしました。
ここでは、まずは壇上伽藍と金剛峯寺を押さえておけばいいかなぁ~と。


御影堂


↑ 壇上伽藍にある、御影堂。
美しいお堂でした。


檀上伽藍


金剛峯寺


そして、総本山金剛峯寺へ。


金剛峯寺_1


こちらは、庭や書院、広間、たくさんの襖絵など見応えたっぷり☆
庭なんてどうでもよかったけど、京都で庭の美しさに気付かされたなぁ。
石庭としては、日本最大の庭との事。
上から見ると、龍が奥殿を守っているように表現してるのだとか。
上から見たかったよ~(^-^;
ここで一番印象に残ったのは、豊臣秀次が切腹したという部屋が残っていて、見学できました。
襖絵がギョッとするくらいダイナミックな筆で、ここで切腹できるのか・・・と、
ここでも「真田丸」の記憶が、、、


家康霊屋


そして、金剛峯寺から10分ほど歩いて、徳川家霊台へ。
カメラでは、ひとつずつ分けて撮影しましたが、
霊屋は左右に並び、右が家康公の霊屋。左が秀忠公の霊屋がありました。
こちらは家康公の霊屋。


秀忠霊屋


こちらは秀忠公の霊屋。
どちらも家光公によって建立されて、優雅で豪華な造り。

そして、高野山の奥之院エリアへ行きました。
こちらの方がワタシ好みだったかな。
また後日、詳しく・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

去年は、大変賑わっていたそうです・・

2017.04.24 Mon
こんにちわ、cecilmamaです(^.^)

ちょっとご無沙汰しました。
また、遊び呆けておりました。
21日から2泊で和歌山へドライブ旅行🚙 
ドライブ旅行は、約1年ぶり。
この1年で何度も羽を伸ばしたい!と思いましたが、
セシルの事とかまぁiroiroで、ようやく羽ばたいて行って来ました。


真田庵


選んだ場所は、和歌山で・・
去年の「真田丸」ブームや、以前から高野山に行って見たいというキモチで、迷わずここに。
まずは、九度山へ。
ひっそりし過ぎていて、こんな静かな所に幽閉されたのか・・と思うと。


真田庵_1


真田昌幸・幸村親子が14年間も過ごした屋敷跡には、
今は寺院が建てられて、真田庵と呼ばれ知られています。


真田の紋


六文銭が刻まれた瓦。
上田市以外で六文銭の旗印が許された屋敷は、ここだけとの事。


六文銭


門にも旗印が刻まれていました。


真田大権現


門をくぐって中に入ると重厚な本堂があり、開山堂や宝物資料館など・・・
そして、真田大権現が祀られて、


真田昌幸の墓


その左横に、真田昌幸公のお墓がありました。
あの徳川家康と戦って、2回も勝利を得た人のお墓とは思えない、小さな墓石でした。
当時は、昌幸公の葬式を上げる事も家康により禁じられていたそうで・・・・
死後までもすっかり、家康に封じ込められてしまった・・・という感じですね。


真田紐


真田の町も散策して来ました。
平日だったからか、とにかく観光客が少なく、居心地満点☆
それとも、ブームは去年までで、終わったのでしょうかね。
真田紐の看板・・・(´艸`*)
町全体が、真田の赤で染められているような印象をもちました。
赤が多かったなぁー、何事にも。

そして、九度山から高野山へ。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

上田の桜

2017.04.14 Fri
こんにちわ、cecilmamaです(^-^)

日本列島、ピンクに染まるこの季節。
心がウキウキし・・
そして、春のせいか眠気が尋常ではない、いつものワタシです💦


P4120291.jpg


12日に去年に引き続き、長野県上田市に行って、観桜してきました🌸
上田城。
六文銭の旗印を見ると、思い出す・・・堺雅人の赤揃えの甲冑姿♡
ゾクゾクするわーーー 
最終回の余韻は、まだ残ってるワタシです(^-^;


P4120290.jpg


上田城へ行くと、まずはこのしだれ桜に目を奪われます。
今年は満開でよかったです。


上田城の桜


城内の桜は、満開までもう少し・・・という感じでしたが、
このソメイヨシノは綺麗でした。
こう見てみると、桜って、先日惜しまれながら現役を引退された、真央ちゃんのようで・・・(^^)
可憐で、可愛いです。
生まれ変わるとしたら、短い間だけど、みんなを魅了する桜になって生まれ変わりたいと、
ふと思ってしまったワタシは、図々しい・・??(;´Д`)


P4120301.jpg


真田神社も行って来ました☆


P4120293.jpg


難攻不落の上田城。
落ちなかった城・・・という事で合格祈願に人気のようですね。


P4120304.jpg


去年は歩かなかった「尼ケ淵」へ行って、眺めた上田城。
ここから眺める城が最高でした。


P4120298.jpg


今年の花見は、僅かにタイミングが早かったけど、散り際よりは全然いい~
地元から離れた、今まさに!という満開の桜を見に行くのは、難しいですね💦
そして、上田に来るといつも何気に思うのですが、
毎年、全国ニュースで見かける「上田真田まつり」
いつか実際に見てみたいモノです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |