これを転機に・・・

2017.04.03 Mon
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

昨日、長女が入籍いたしました。
娘の生活態度を見てると、将来結婚出来るのかな?と思った事もあるので、
今は、安心のキモチが大きいです。
嫁ぎ先のご両親からは、しっかりとしたお嬢さんで・・・と、お世辞でも言っていただけたので、
自宅の外では、ちゃんとまともな態度で過ごしてたみたいです・・・(^_^;)
と言いたくなるのも、ワタシとは喧嘩ばかりの母と娘でした(;´Д`)
長女が高校生の頃から、激しく衝突するたびに、柔道の組み手のような体勢を何度も取りました💦 
息も荒げて組み手を取ると、横で見てた三女が「やめてーーー」と泣いて叫び、
セシルはびっくり、おののき、さささーーーっと走って、部屋の隅に逃げて隠れる・・・
今となれば、懐かしい光景です(笑)。
後日になると、腕に引っかき傷が残ってて、そして、身体の節々が痛い。
ワタシのメガネのフレームが曲がった事もあったっけ・・・💦
熱くて、激しすぎる、どうしようもない母と娘でした。
2人で仲良く買い物へ行った事もなければ、2人きりの外食もなし。
ワタシが買い物に幼児、児童の子供を同伴させるのが嫌いな事もあって、
それはどの子も中学、高校になってもそのスタンスは変わらずで、今に至っているのですが・・・
長女が5、6年生頃から一緒にお風呂に入った事も1度もない。
ないないづくしの母娘でした。
・・と書き綴っただけでも、愛情の薄い、楽しい思い出が少ない母娘だったかもしれません。
でも、ワタシにとっては、初めて産んで育てた我が子。
可愛くないはずがありませんでしたが、
自分が思い描いていた子育てをするには、決して恵まれた家庭環境ではなく、
同居の姑に子供を預けて、会社から帰宅すれば、「ただいま~」と長女を抱っこする僅かな余裕や
自由にスキンシップをする暇も与えてもらえず、圧力で主婦業に専念させられる日々。
よく、家庭と仕事と子育ての両立・・という言い方をするけど、
ワタシは家庭と仕事の両立だけで、肝心の子育ての部分は気性の激しい姑に勝手に持って行かれてて・・・
さすがにきつかったぁーーー
あの頃、もっともっと幼い長女、そして次女もですが、スキンシップが出来ていたら・・・と思うと、
もう一度ワタシの子宮に戻して、ワタシの手で育て直したいくらいです。
そうなんです。長女の影に見え隠れする、姑に対して「この野郎!!」と組み手を取っていたのです、ワタシは。
だけど、長女の結婚を機に、今まではダメな母と娘だったけど、
これから築いていけば・・・と思い直せるようになったかな。
それは、今長女のお腹にいる孫の存在がすべて。
今から生まれて来る命は、ワタシを少しだけでも変えてくれるかもしれない☆
ひまわりのような明るいお母さんになるのが、子供の頃からの憧れでそれは無残に散ったので、
じゃ~、ひまわりのようなババァになるんだ!
・・・と、思うcecilmamaでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:思うこと | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |