信仰の地・高野山

2017.04.25 Tue
つづら折りの山道を結構走って、
後続車がすごく気になり、あぁーーもう疲れた💦と思ったぐらいに辿り着いたのは、
標高およそ900メートルに広がる高野山。
約1200年前に空海(弘法大師)によって開かれた高野山真言宗の総本山。
桜はちょうど満開でした♪


中門


どの駐車場も超満車だろうと覚悟を決めて行きましたが、そうでもなかった。
これも平日だったから?
そして、最初に向かったのは壇上伽藍。
こちらが、中門。


根本大塔


こちらは写真で何度も見た事がある、根本大塔。
中に入ると、キラキラ輝く金色の大日如来・・・・見惚れちゃった。


檀上伽藍_1


壇上伽藍の境内はとっても広くて、あっちこっちと伽藍を見て回るのがちょっと大変かも。
この日のうちに奥之院も行きたかったので、時間の関係上、見たい伽藍だけ足を延ばしました。
ここでは、まずは壇上伽藍と金剛峯寺を押さえておけばいいかなぁ~と。


御影堂


↑ 壇上伽藍にある、御影堂。
美しいお堂でした。


檀上伽藍


金剛峯寺


そして、総本山金剛峯寺へ。


金剛峯寺_1


こちらは、庭や書院、広間、たくさんの襖絵など見応えたっぷり☆
庭なんてどうでもよかったけど、京都で庭の美しさに気付かされたなぁ。
石庭としては、日本最大の庭との事。
上から見ると、龍が奥殿を守っているように表現してるのだとか。
上から見たかったよ~(^-^;
ここで一番印象に残ったのは、豊臣秀次が切腹したという部屋が残っていて、見学できました。
襖絵がギョッとするくらいダイナミックな筆で、ここで切腹できるのか・・・と、
ここでも「真田丸」の記憶が、、、


家康霊屋


そして、金剛峯寺から10分ほど歩いて、徳川家霊台へ。
カメラでは、ひとつずつ分けて撮影しましたが、
霊屋は左右に並び、右が家康公の霊屋。左が秀忠公の霊屋がありました。
こちらは家康公の霊屋。


秀忠霊屋


こちらは秀忠公の霊屋。
どちらも家光公によって建立されて、優雅で豪華な造り。

そして、高野山の奥之院エリアへ行きました。
こちらの方がワタシ好みだったかな。
また後日、詳しく・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |