やっと見た・・君の名は。

2017.08.22 Tue
飛騨古川へ聖地巡礼に行って、即行観たくなった「君の名は。」
映像の美しさ、全体のテンポの良さ。
映画音楽「前前前世」の曲に合わせて、映像を書き直したというシーンは、
迫力があって、カッコよかった~
とまずは、ざっくりと感想を・・・


君の名は。


映像が綺麗すぎて、とにかく全てが綺麗でした。
舞台となる、東京と飛騨のある町、糸守町。
糸守町も実際にあるような気になってしまいます。
糸守町の遠景は、長野の諏訪湖周辺だそうですが、ちらちらと飛騨古川の情景も出て来ました。


君の名は。_1


男女の身体が入れ替わる話といえば、
ワタシの年代は、大林宣彦監督の尾道三部作「転校生」が浮かぶと思うのですが、
「君の名は。」は時空を超えての身体の入れ替わり・・
なので、ちょっとややこしい💦💦
死んだはずの三葉と出会えたり・・ちょっとSFタッチが織り交ざっていたかな。
ワタシは、妄想族なくせにSFは苦手でして、思考回路がストーリーとついて行けない部分があって、
科学的なモノが混ざって来るから頭痛がしてくるのかなと・・・ 
ワタシは、全身が理系じゃないし!どうやったって文系( *´艸`)
SFは、観ながら「ん?」と思う事も度々・・(なので、観たいと思わなくなったのだけど)
死んだはずの三葉が、結局は生き延びていたり・・・・
どれが現実で、夢なのか・・・途中で頭がこんがらがり。
こうでこうだから、こうなのね・・・と、
もうねこうなったら、完璧に理解する事はやめました(笑)。
元々、キャーーすごーーい!と単純に楽しむのがSF?(としたら、やっぱり好みじゃない)
「君の名は。」にしても、観ながらある程度理解するまでに、多少時間が掛かったけど、
ともかくも、老若男女が充分楽しめるアニメと思いました。
そしてワタシはまた、ただ単純に楽しめる大林宣彦監督の「転校生」を観たくなったな(^^♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |