FC2ブログ

ポテチ

2018.10.15 Mon
お馴染みの伊坂幸太郎氏原作の映画化★
ポテチ。
「アヒルと鴨のコインロッカー」
「ゴールデンスランバー」
「重力ピエロ」
「グラスホッパー」
「フィッシュストーリー」
に続き、これで6作目鑑賞~
すっかりお気に入りです(^-^)


ポテチ_1


ポテチの意味・・・
映画の途中、そして終盤にその意味が分かるのですが、
それが何とも伊坂幸太郎氏らしいなぁ~と、
今まで見て来た作品もそうだったように、見てるとふっと腑に落ちる感覚。
終盤にどーんと分かって、「あぁー、なるほどねーーー」と。
そして、心に呼びかけて来る。
これだから、伊坂幸太郎氏の作品が好きなのです。
世の中には、交換とか入れ替わったらいけないモノがあります。
でも、ポテチはうすしお味やコンソメ味などiroiroあって、
コンソメ味が食べたいと思っていたのに、入れ替わってうすしお味を食べる羽目になる事もある。
あーあ、コンソメ味が食べたかったのに~と思いながらうすしお味を食べ続けてると、
意外と美味しくて、これでもいいやと思ったりする。
映画「ポテチ」は、乳幼児の取り違えを題材としてて、
取り違えられた2人の男性は、空き巣を生業にしてる凡人の今村と、
かたやプロ野球のスター選手の尾崎。
今村は尾崎と自分が取り違えられた事に気付き、
母親に申し訳ない思いでいっぱいになったのでしょう。
「コンソメ味を食べたかったけど、食べてたらうすしお味も美味しい~」
このポテチと取り違えられた自分をリンクして涙する場面が途中にあるのですが、
とっても印象的でした。
本当の思いとは違っているけど、長く居続けたり、食べ続けているうちに、
「こっちの方がいい」と思う事、考えてみると多々あるような気がします。
ポテチと人間を一緒にしたらダメですけど・・💦
そこが、伊坂幸太郎氏らしいかな。
ワタシは「そして、父になる」よりは腑に落ちて、主人公のキモチがわかりやすかったです( *´艸`)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |