FC2ブログ

龍門司坂

2019.07.31 Wed
鹿児島へ行ったら、南洲墓地と龍門司坂は、どうしても行きたかった場所でした。


龍門司坂_1


龍門司坂は、大河ドラマ「西郷どん」の中でオープニングの他、
何度も大事な場面で出てくる景色で、そのたびに「ここはどこ?綺麗だな~♥」と
一目ぼれした景色でした。


龍門司坂_案内板


当時の江戸と薩摩を結ぶ街道だったことがわかりました。
なので、西郷さん率いる薩摩軍が西南戦争の時に、ここを通って熊本へ向かったということで。
そういう思いを胸に、龍門司坂を登り始めたワタシでした。
歴史は、当時の思いに寄り添う事がワタシにとって大事なポイント☆


龍門司坂


ロケ地の案内板も。
「龍馬伝」のロケ地でもあったらしい・・・
龍馬伝も全部見てたけど、気付かなかった、、、、
多分、龍馬が脱藩して江戸に向かう時かな~と、勝手に💦


龍門司坂_2


iroiroあって、やっとロケが行われたポイントにたどり着けました。
パッと目の前に広がった景色を見て、感動しました。
こんな美しい古道は見た事がなかった。


龍門司坂_3


無我夢中で写真を撮ってました(^-^;


龍門司坂_4


辺りは誰もいなくて・・・・
シーンとしてて・・・
時々、蝉がけたたましく鳴いて・・・
他は無音の空間。


龍門司坂_5


この道は間違いなく薩摩軍が通った道。
薩摩を旅立った朝は、何年振りかに大雪が降ったという記述を読んだことがあります。
そして、西郷どんのシーンもそうでした。
天候が悪い中、この道をそれぞれ武器を担いで歩いて行ったかと思うと、
昔の人の体力を尊敬しました。


龍門司坂_6


龍門司坂_決意の杉


かなり上の方に行くと、「西郷隆盛決意の杉」があります。


西郷どん


これはどういう事かと言うと、こういう事です(^-^;
「西郷どん」を見てた人は当然わかる☆
多分、ここら辺かな~?って、
鈴木亮平さんが触ったところをワタシも手を当てて、決意のポーズをしてきました(笑)。
写真が無いの残念💦


石畳


とにかく、石畳が綺麗なグリーン色で何とも言えない。
滑りやすいので歩くのは注意が必要ですが、注意も疎かになるほど、
目を奪われた美しい石畳。
忘れられない日本の景色のひとつになりました。
「西郷どん」のおかげで、本当にいい旅ができました、満足、大満足♬
鹿児島大好き!



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

すごいの連続

2019.07.30 Tue
仙厳園の続きでございます☆
庭園が広いのでブログも2部構成・・・💦


桜島


御殿に向かい、御殿の庭園に入ったら正面に桜島が見えました。
すごいスケールで素直に感動しました。


御殿_1


こちらが御殿の出入り口。
江戸時代は別邸として、明治時代は本邸として使用されたという。


御殿


庭園から見た御殿。
海外の観光客がいっぱいでした💦


西郷どんロケ地


こちらは庭園の前庭。
何か見たような・・・・と思っていると、西郷どんロケ地の案内板。
西郷さんと斉彬公が最後に相撲を取った、あの相撲大会のロケ地でした。
鈴木亮平さんの肉体美(´艸`*) 惚れ惚れ~♥


桜島_1


人が映り込んでいませんけど、周りは大勢の人々。
余計な人が映らないように撮るのが大変でした(-_-メ)
よく撮れたな~と自分でも思う。


藩主の部屋


こちらは外から見た、当主の部屋。
この部屋からきっと目の前に広がる錦江湾と雄大な桜島を観賞していたのでしょう。
贅沢な。


庭園


石燈籠


見た事もない巨大な石灯籠がところどころにありました。
仙厳園では一番大きな灯籠。
笠石の上にある獅子の目は桜島に向いています。


尚古集成館


仙厳園の横に尚古集成館がありました。
こちらが世界文化遺産となります☆


尚古集成館本館


まずは本館。
島津家800年の歴史や文化を紹介する博物館として利用されています。
この建物は、現存では日本最古の石造り洋式機械工場「旧集成館機械工場」です。
これが、坂本龍馬が仲介して西郷隆盛と桂小五郎が薩長同盟を結んだ前年に竣工したとはすごいな。
薩摩は群を抜いて前に進んでいたんだなぁ~と思いました。
工業国・技術大国の原点となり、
ここが「日本の近代化・工業化発祥の地」として注目されているとの事。
そんなすごい場所とわからず・・難しく。
本館の中は、国内外問わず男性観光客でいっぱいでした。


尚古集成館別館


こちらは別館。
その奥には、薩摩切子工場があったり、
仙厳園と尚古集成館と合わせて見るのに、かなりの時間を要しました。
1時間半はか~るく💦
それでもワタシの中ではちょっとだけ駆け足でしたが。
こちらには、何年か経ったらまた来てもいいかな~と思えるくらい、
歴史的で、伝統的で、日本の大事な部分で・・・
島津家はすごい。薩摩はすごい。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

名勝仙厳園と世界文化遺産

2019.07.29 Mon
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

鹿児島を代表する観光スポット、仙厳園へ行きました。
日本を代表する大名庭園。
島津家の別邸で雄大な桜島を望む庭園に、お殿様がお暮らしになった御殿などなど、
様々な見どころが点在して、素晴らしい庭園でした★


仙厳園


まずは正面の写真から。


反射炉


正面から入ってすぐ目の前に、反射炉跡がありました。
よく知りませんでしたが、
「明治日本の産業革命遺産」が、世界文化遺産に登録されていたのですね(^-^;
また後日アップしますが、「旧集成館」も世界文化遺産のひとつで、
まぁすごかったです。


反射炉_1


反射炉跡。


反射炉_2


当主島津斉彬が鉄製の大砲を鋳造する為に築いた施設の跡。
大河ドラマ「西郷どん」の中でも、渡辺謙演じる島津斉彬が誰よりも早く日本の将来を見据えて、
世界と肩を並べるには・・・と先見の明でiroiroと企てていた場面がありました。


反射炉_3


幕末のあの時代にこのような施設を作った斉彬公が、どれだけ優れた殿様であったか、
ここへ来てやっとわかったような気がしました。
もっと長生きされていたら、幕末の日本はまた違った歴史を辿ったのかなと思います。


桜島の火山灰


園内にあった、桜島の火山灰。
あまり多くの人は気付いてないような、、、、
仙厳園へ行く前に、ネットで見どころをチェックしてよかった(^-^)


薩摩の紋


薩摩の紋。
島津家水天渕発電所記念碑でした。


名勝仙厳園


仙厳園の正門


こちらは正門。
明治28年(1895年)に建てられた門。


錫門


こちらは錫門。
当時は藩主とその嫡男しか通ることを許されなかったという狭き門💦
この門は、西郷どんの撮影で使用されていて、あぁーあの場面ね・・・と知る事によって、
楽しみがまたひとつ☆
数年前までは、そんなに日本庭園に興味が無かったのですが、
次女が京都に住んでいた当時、たくさんの日本庭園を見て、徐々に好きになっていたような感じです。
日本庭園の基礎知識など全くないですが、ただ見てるだけで落ち着くだけでもいいかなと(;´Д`)
錦江湾を池に見立てた雄大な仙厳園、鹿児島へ行った際は是非おススメのスポットでした♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

城山展望台、そして加治屋町へ

2019.07.28 Sun
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)
ワタシの旅の備忘録・・・もうしばらくお付き合いのほどを💦


城山展望台


最終日の朝。
やっと晴れた~
ホテル近くにある城山展望台へGO★
そして、やっと拝めた桜島(^^♪


城山展望台_1


そして展望台から見た鹿児島市内ですね。
今日も最後の最後まで、がっつり観光して帰ります。


城山展望台_2


こういうのを黒山の人だかりというんだね。
城山展望台は有名観光スポットなので、大型バスの駐車場も広々と完備されて、
パッと見、5,6台は停車してましたが、全部中国か台湾の観光客で、
日本人は多分、ワタシひとりぼっち状態でした(;´Д`)
この黒山はほんの一部だけど、あちゃらの観光客達でひとり残らず桜島をバックに写真撮影。


城山展望台_3


西郷隆盛生誕の地_1


それから、車移動で加治屋町へ。
鹿児島市内の観光スポットは、そんなに遠くない距離にギュッと集中していたので、
移動時間が短くてよかったです。


西郷隆盛生誕の地


加治屋町生まれの西郷さん。
誕生の地へ行って来ました。
ここだけ空気が違うように感じました。なんか、パワーがあるような。


加治屋町


町の一角に立っていた案内板。
加治屋町だけでこんなにたくさんの偉人が・・・
すごい町です。
薩摩藩独特の郷中教育がよかったのでしょうか。


大久保利通生い立ちの地


大久保利通の生い立ちの地もこちらに。
誕生の地は別で、加治屋町に引っ越してきた大久保一家でした。
大河ドラマの「西郷どん」では西郷さんの家と隣近所になってましたが、
実際は歩いて2、3分の距離ほど離れていました。
加治屋町の散策・・なかなか有意義な時間でした★
こういう事はひとり旅ならではかな~と思っています。
ワタシの趣味嗜好は他人にはなかなか理解してもらえないと思うので、
とことん話した事もないし、話す気も無いので女子旅は無理。
ツレがいると、好き勝手にできないし、旅こそ自分の好きなようにしたい。


大久保利通生い立ちの地_1


話はもとい、大久保利通が暮らした地。
西郷さんと一緒に学び、激動の幕末を一緒に生きた同士。
最期は敵味方に分かれてしまったけど・・・・・


大久保利通像


鹿児島では不人気の大久保利通の銅像も見に行こう~と思い行って来ました。


大久保利通像_1


iroiroな業績があるのに、西郷さん人気にはかなわないようです。
大久保利通はドイツ贔屓で、目標としていた国家がドイツだったことが影響して、
明治政府の方針で西洋医学が主流の医学と位置付けられ、医学表記がドイツ語になったのは
大久保利通が指示したとか。
現在も続いて残っているので普通にすごい!と思っちゃったワタシなんですけど。


維新ふるさと館


そして、加治屋町にある「維新ふるさと館」も行って来ました。
面白かったけど、かなりの展示物の量で見て回るのが大変でした。


維新ふるさとの道


加治屋町にある「維新ふるさとの道」。この道を中央にして、
西郷さんや大久保さんの生誕の地、生い立ちの地や大久保利通像が立っていたり、
観光客が行きやすいというか、行ってみようと思える、いい町作りがされているな~と。
ここはさすがに海外の観光客はいませんでした。よし、よし!(^^)!
日本人にしかわからない、楽しめない日本の歴史はたくさんあると思います。
そこにまで、ガヤガヤと土足で入り込まれたくないと思っています。
有意義な歴史ロードでした★



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

城山散策と天文館グルメ

2019.07.25 Thu
まだまだしつこく続きます・・・💦
城山にはまだまだ西郷さんゆかりの地があるので、
あとで「行っとけばよかった・・・」と後悔はしたくなかったので、隈なく廻ったワタシです。


西郷隆盛洞窟


ここも行きたかったぁーーー
西郷隆盛洞窟。


西郷隆盛洞窟_1


西郷さん率いる薩摩軍は九州の各地で戦った後に解散し、鹿児島へ向かいました。
再び城下に戻り、最後の5日間をこの洞窟で過ごしたと伝えられています。


西郷隆盛洞窟_2


狭い洞窟でした。
ここで何人が息をひそめていたのかわからないけど・・・・


城山陣営跡


こちらは本物、薩摩軍の陣地を撮った写真☆
このような陣地がこの城山にあったとは思えないくらい、今の城山は平和です。


西郷隆盛終焉の地


そして、こちらは徒歩で行ったのですが、西郷隆盛終焉の地。
西郷隆盛洞窟からは1キロも離れてなかったのですが、洞窟を出てから終焉の地で息絶えるまで、
どれだけの銃弾が空を切ったのかと思うと、切なかったです。


西郷隆盛終焉の地_1


でも結局は西郷さんは、腰と太ももに銃弾を打たれ、「ここらでよか・・・」と自分の最期を覚悟し、
別府晋介に介錯を頼んで最期を遂げたと伝えられています。
ここに来る前に西郷さんのお墓を参って、そして亡くなった場所を辿る。
どっぷりと西郷さんの最期に浸った気がしました。
後日、生誕の地も行ったけどね(笑)。それはまた後日に・・・・


鹿児島ラーメン


そして、鹿児島で食べたかったモノのひとつ、鹿児島ラーメンに舌鼓♪
豚とろラーメン天文館店へ行って来ました~
チャーシューがとろとろ。
スープも珍しく飲み干しちゃうほどの美味しさ!(^^)!


白熊むじゃき


そして、是非とも行きたかった、天文館むじゃきへ~♪


むじゃき


鹿児島と言ったら、白熊♡
ワタシは白熊が大好き!
鹿児島に来て食べないわけがない!


白熊


白熊ーーー!!
これがレギュラーサイズで高さはおよそ15センチ。
かなりのビッグ!
目の前に来て、「え?ワタシ、食べれる??」とすごーーく不安感が。
最後はちょっと無理をして全部食べて来ました。
美味しかったけど、最後は辛かった💦
かき氷で満腹になるのは初体験。
初日の夜は黒豚のしゃぶしゃぶで、
2日目は天文館でラーメンとかき氷(^-^; 
鹿児島グルメは最高だね~
美味しかったです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

城山町の観光スポット集中

2019.07.24 Wed
南洲墓地から鹿児島市城山町へ向かいました。
車であっという間。
そちらには、観光スポットが集中☆
まずは・・・


鶴丸城跡


鶴丸城跡(鹿児島城)へ。
2020年完成に向けて、明治時代に焼失した御楼門が修復中でした。


鶴丸城石垣_銃弾の跡


鶴丸城址の濠と石垣はちゃんと残っていて、
石垣には西南戦争の銃弾跡がありました。
生々しかった・・・・


鶴丸城石垣_1


石垣が長くて、さぞ大きなお城だったのがわかります。


鶴丸城石垣


近くにある西郷隆盛像あたりまで石垣が続いています。


西南戦争の銃弾跡


そして、西南戦争の銃弾跡へ。


私学校跡


銃弾跡があるのは、西南戦争の直接的な原因となった、西郷さんが設立した私学校跡でして、
現在は門と壁のみが残されている状態でした。
そして私学校があった場所には、今・・・鹿児島医療センターがありました。


西南戦争の銃弾跡_1


銃弾跡がたくさん、たくさん・・・・
令和が平和でありますように。


西郷隆盛像


そして、あの有名な西郷隆盛像へ★


西郷隆盛像_2


以前、鹿児島へ来た時は車内からチラッと見た程度でした。
今回じっくりとご対面。


西郷隆盛像_1


たかが銅像かもしれませんが、ワタシの中では銅像は立派な観光スポットです。
仙台の伊達政宗像とかね、高知の坂本龍馬とかね。
日本全国には、一度は直に見たい銅像がいつかありました。
これで西郷隆盛にも会えたし・・満足(´艸`*)




ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

南洲墓地へ

2019.07.23 Tue
鹿児島市に入って、すぐに西郷隆盛を祀る南洲神社へ向かいました。
隣には、西南戦争で亡くなった西郷軍の戦死者を埋葬する、南洲墓地があります。
鹿児島市内では、一番に行きたかった場所でした。


南洲墓地_2


普通とは違う空気を感じずにはいられませんでした。


南洲墓地


墓石がずらーーーっと横並びに立ち並んでいて、
一目見て、息をのみました・・・


西郷さんのお墓


正面真ん中の一番大きな墓石が、西郷隆盛のお墓です。
iroiroな偉人のお墓参りをしたけど、
これだけ存在感があり、お墓にまで威厳を感じる事は初めてでした。


西郷さんのお墓_2


お墓の前に立って、じーーーん。
感動しました。
死を覚悟して、戦いに挑んだラストサムライ☆
合掌。


村田新八の墓


横には村田新八のお墓。
音楽を愛し、戦場でもアコーディオンを演奏していた・・・
とする描写が大河ドラマ「西郷どん」で描かれ、涙を誘われましたが、
実際に戦場で演奏していたかどうか・・そういう記録は残っていないそうです。
他、写真は撮りませんでしたが、
西郷さんのお墓の向かって左に、人切り半次郎こと桐野利秋のお墓も・・・


南洲墓地_1


墓地を後ろから眺めてきました。
薩摩藩士の憧れであった西郷さんのお墓を先頭に、
まるで西郷さんを慕って、後について並んでいるように見えました。
圧巻でした☆


南洲神社_2


南洲神社へ。


南洲神社



西南の役戦没者慰霊等


境内にあった、西南の役戦没者慰霊碑。
名前が刻まれていました。


なんしゅうカフェ


南洲神社の参道脇に小さなカフェがありました。
なんしゅうカフェ
店内に入って、キッシュをいただいて来ました。
去年は大河ドラマの影響でたくさんの観光客が来られたけど、今年は落ち着いてますって。
また、西郷さんのお墓は大人気だそうで、お墓の前に立って涙する人もいるそうで・・・
なんかわかります。
ワタシも大河ドラマで感情移入しちゃって・・・ダメです。
今でも鈴木亮平さんを見ると、西郷さんに見えてしまう。
ちょっと痩せられたけど・・・・(^-^;



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

陸続きだけど、島です。

2019.07.22 Mon
鹿児島旅行記の続き★

桜島へ行きました。
鹿児島と聞いて、最初に連想するのはやはり「桜島」
その次に西郷さんって感じかな(^-^;
桜島は、その名の通り桜島、島なので海にぽっかりと浮かぶ島と思っていましたが、
今回、鹿児島旅行を計画にすることによって、実は陸続きという事を初めて知ったワタシでした。
きっと、ワタシのように陸続きと知らない人は多いと思います。
知らないって、、、すごいね(;´Д`)


黒神埋没鳥居_1


桜島の上陸は、陸続きの所から入りました。
とにかく快適なドライブでした♪
残念だったのは天候です。
ずっと海岸線沿いを走って桜島に入りましたが、曇っていたので全くと言っていいほど、
景色は最悪でした・・・(-_-)
これはまた鹿児島に来なさいよって事かなぁ~と思って(笑)。
桜島にはいくつか観光スポットがありますが、
まずはどうしても見たかった「黒神埋没鳥居」へ★


黒神埋没鳥居


大正時代の大噴火は大変な被害をもたらし、鳥居がこれだけ埋没したそうで・・・
島民にもかなりの被害があったようです。


桜島_有村溶岩展望所


それから「有村溶岩展望所」へ。
こちらは、NHK大河ドラマの「西郷どん」のオープニング撮影をした場所だそうで。
鈴木亮平演じる西郷どんが、桜島をバックにジャンプしたあの有名なシーンですね。


桜島_有村溶岩展望所_1


こんなに近くで溶岩を観たのは初めてです。
多分・・・・
浅間山の鬼押出し園もそうですが、スケールが違うように思えました。


桜島_有村溶岩展望所_2


展望所の遊歩道をぐるぐると歩き回りました。
結構楽しい時間でしたよ!(^^)!


桜島_有村溶岩展望所_3


こちらは海側。
錦江湾ですね。


桜島_有村溶岩展望所_4


大噴火に備えて、所々にトンネルがありました。
ひとつひとつの溶岩がでっかく、
こんなモノが空から飛んでぶつかれば、ひとたまりもありません、、、、


桜島_有村溶岩展望所_5


こちらは山側で、晴れていれば桜島が見えたはずでした。
もう雲しか見えません・・・・・
残念でした、グスン。


桜島フェリー


それから、桜島港へ目指して、フェリーに乗るのに車の列に並んでいました。
フェリーは20分に1本だったかな、結構な数が出ていたので、
そんなに長く待ったという感じがしませんでした。


桜島フェリー_1


ちょっとした船旅~♪
船の旅、かなり好き(^-^)
テンション上がった~


桜島フェリー_2


桜島港から鹿児島港まで片道15分の船旅です。
あっという間に到着しました。
さてさてこれから鹿児島市内を回りましたよ~
またのお楽しみに★



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

日当山温泉

2019.07.21 Sun
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)
旅の記録の続き・・・・


日当山温泉


2日目。
宿泊したホテルから4キロ離れた、程近い温泉地へ~
日当山温泉へ行って来ました。
鹿児島県内の最古の温泉で西郷隆盛が湯治で頻回に訪れたことでも有名な温泉。


日当山西郷どん湯_2


西郷さんは偉人の中でも最も温泉好きだったそうで、
当時は混浴が普通だったそうです。


日当山西郷どん湯


日当山西郷どん湯_1


建物はもちろん当時のモノではありませんが、
何ともいえない趣がありました。宿泊もOKとのこと。


西郷どんの湯


西郷さんが訪れた頃は「元湯」と呼ばれたところ。
この土地の人々と裸の付き合いをしていた西郷さん。
逸話も残されていました。


西郷どん村周辺図


西郷どんの湯からしばらく歩くと、「日当山西郷どん村」というのがありまして、
そちらも見物して来ました。


西郷どん村


このお屋敷が当時の地主の龍宝家。
西郷さんが日当山温泉に湯治にやって来た時に宿泊していた龍宝家を復元したモノ。


西郷どんの宿


現物は焼失したそうで、残念ながらの復元でしたがなかなかの造りでした。
展示物もたくさんあって、ゆっくりと読んだり見たりして回りたかったのですが、
ガイドさんがいらして、頼まなかったのに捕まってしまったワタシでした💦💦
観光地に行くと、有料もしくは無料でガイドサービスを受けるところもあるけど、
説明を受けながら回るのも善し悪しですね。
お決まりの「どこから来られましたか?」の問いに「富山です」と答えてしまったことから、
西郷さんの話でなく、先場所優勝した大相撲富山県出身力士の「朝乃山」の話を熱心にして来られました💦
まぁそれはそれは詳しいこと・・・(-_-;)
ワタシも当然知ってると思って話を振って来られましたが、
富山県人がみんな朝乃山を好きで彼について詳しいわけではありません(笑)。
ワタシは西郷さんの話が聞きたいのにーーーーー
ワタシについたガイドのじいさんは、どうも相撲ファンだったようです・・(-_-メ)


西郷どん村_1


西郷どんの宿内にあった展示物の一部。
ガイドさんにされた相撲の話と日当山温泉がある国分平野では、昔タバコ栽培が盛んだった話。
タバコの葉を国に治める時の話・・とか。
なんかよくわからなかったです・・・(◞‸◟) 真剣に聞いてなかったからですね。
ひとり旅には「事故」がつきもの。
iroiroな人と出会って、iroiroありますから・・・・ これも思い出ですかね。


西郷どん像_1


こちらでどうしても観たいモノがあったのでちょっと探してみました。
あった、あった!
遠くに・・・


西郷どん像


西郷さんの像もiroiroありますが、これも観たかった~
明治政府を辞職して、故郷の鹿児島に戻った西郷さんは、
日当山では、温泉に釣りに狩りにとこちらでの時間を楽しまれ、穏やかに過ごされたそうです。
日当山で遊んでいた頃の西郷さんの像でした★



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

霧島神宮参拝

2019.07.19 Fri
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

鹿児島旅行の続き・・・★


霧島神宮


こちらは霧島神宮。
南九州最大の神宮で、屈指のパワースポット☆
こちらに到着した頃は大雨になっていました。


ご神木


足元が悪い中、傘をさしての参拝です。
悪天候なのに大勢の参拝客に驚き。
こちらは御神木。樹齢およそ800年。
南九州の杉の祖先とされる杉だそうで、、、、


霧島神宮_老杉


宮内の老杉。
雨に濡れて綺麗でした。厳正な感じがしました。
天気・・・雨の方がよかったかもです(^-^;


霧島神宮_1


こちらは龍馬とお龍が参拝した事から、縁結ぶの神社としても人気だそうです。


霧島神宮_さざれ石


「さざれ石」
小石が集まってできた石。
我が国歌「「君が代」に登場しますね。
さざれ石の、巌となりて 苔のむすまで
の・・・さざれ石。
さざれ石・・ワタシは他のひとり旅でも出会っております。
何処だっけ?必死に考えて思い出せない・・・💦
んーーー、何処だっけ?
映像はあるのに、名前が出て来ないもどかしさ。


霧島神宮_2


雨の霧島神宮。
観光客でいっぱいでした。(アジア系の・・)
参拝の礼儀も知らず、
神様の通り道である参道のど真ん中をペチャクチャとお喋りしながら歩く観光客達。
何しに来られたのでしょうか・・・と思ったり。
本殿で2礼2拍手1礼の一連の参拝であるパンパンと2つ拍手するところを
パチパチパチパチと拍手喝采のような手拍子が聞こえて、
神社では初めて聞く拍手にワタシはびっくりしました。
添乗員さん、それくらい教えてあげたらいいのに・・・と思いましたが。
添乗員さんも無知なのか。
神様も国際的になったモノだと、さぞかしびっくりですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |