秋の犬山へ

2012.11.13 Tue
こんにちわ、cecilmamaです☆

休日の朝、ふと思い立って「犬山城」へ行って来ました。
片道ザッと200キロ(^^ゞ 
思い立つには、ちょっとの距離ではないけど行ってよかったです~


犬山城へ


下道プラス高速で、所要時間は3時間ぐらいでした。
愛知県犬山市にある、国宝・犬山城に到着。
いつもお城を見る一歩手前で、まるで好きな人に会いに行くみたいにドッキドキする(*^_^*)
「どんな姿をしてるのだろう」といつも思います。


犬山城


そして、初めて見るお城がお目見えすると、
声には出ないけど、心の中で決まって「わぁーーーーーー」と歓声を上げてます(^^ゞ
はじめまして、犬山城♪


犬山城_1


国宝の彦根城、松本城、姫路城、そして犬山城。
この4つの中では最も古いお城です。
これでやっと4つ制覇♪


天守閣からの眺め


天守閣の最上から眺めた景色。
一般の住居でいう「ベランダ」に出て、外を眺める感じ(^^)
天守閣外の回廊を歩ける、珍しいお城でした。
外の柵にもたれ掛からないように!の注意書きと、ちゃんと監視員がいて・・
高所恐怖症の人は、ちょっと無理かな、、、
流れる川は木曽川、小高い山は伊木山、川に架かる橋はライン大橋です。
小牧長久手の戦いの折、秀吉が大阪から入城したそうなので、
あの伊木山や木曽川も見たはず。


犬山城下町


犬山城を出て、犬山城下町へ☆
こちらが本町通り。なかなか、面白い城下町でしたよ。


なつかしや


その名も「なつかしや」さん。
なつかしいお菓子などを扱うショップ。


がんばる人の店


手作りの五平餅を売ってるお店でしたが、看板が気になって、写真を撮りました。
「がんばる人の店」


守口漬のおにぎり


そして、お腹がすいたので、とりあえず、おにぎりを1個だけ(^_^;)
「漬処 壽俵屋犬山庵」の守口漬の縁結びおにぎりです(^.^)
たかがおにぎり、されどおにぎり。これ、めちゃくちゃ美味しかった~♪
具のしそ生姜がとても美味!


壽俵屋


犬山城下町のパンフレット表紙を飾る「壽俵屋 犬山井上邸」

犬山をはじめ、木曽川流域では古くから伏流水を使用して豆腐作りが盛んに行われてきたそうで、
そんな犬山のソウルフードが「でんがく」
そして、そこから発展してここ犬山城下町ではご当地グルメ「城下町 串めぐり」として、
様々な食材を串に刺して楽しむことが出来るそうです。
串かつ、串ようかん、串トースト、串バターケーキ、串団子、串クレープ、串おにぎり・・・etc


堀部邸


こちらは、江戸期の町家・旧磯部邸。
屋根が緩やかなカーブになってるの、わかりますか?
「当時の人は、どうしてカーブにしたのですか?」と質問すると、一言「おしゃれです」の答え。
もっと、すごい理由があるかと思えば・・・
はぁーー?おしゃれ??(^。^)と気が抜けたcecilmamaでした。


豆腐かふぇ・浦島


そして、お昼は城下町内にある「豆腐かふぇ・浦嶌」へ~
「玉手箱ランチ」を食べて来ました。
手作り豆腐で作られた数々の料理に大満足。
犬山のソウルフード、でんがくも食べたよーー


豆腐かふぇ・浦島_1


〆のデザートは、豆乳のシフォンケーキ★
店内は女性だらけの超満員。
急に行ったけど、その割りにはステキな小旅行でした。
最後に、尾張の古刹に寄って帰って来ました。
その模様もまた後日。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | top↑ |
<<もみじ寺・寂光院へ | ホーム | さつまいものオリーブオイルサラダ>>

コメント

no subject

犬山城、近くなのに行った事ないです。
こんなに素晴らしいお城なんですね。
こんな城下町が軒を連ねてあるのも知らなかったです。
いいところですね。
がんばる人の店^^
いいネーミングですねー
おにぎり、最高に美味しそうです。
今度行ってみようかな・・・
- | tomato | URL | 2012.11.13(Tue) 22:23:42 | [編集] | top↑ |

no subject

すごいcecilmamaさんの行動力!
本当に見習いたいところです。
私はとことん出不精なので・・・^^;
意外と近い愛知ですね。それでも、高速に乗って~なんて風にはやっぱり怖いです。
cecilmamaさんの旅行記を拝見して、私も旅行気分を味わわせていただいています。
今度はどちらへお出かけですか?ワクワクっ!
AywUzw0s | haru*hana | URL | 2012.11.14(Wed) 09:12:03 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://ironnairoiro.blog.fc2.com/tb.php/1096-767ceb47