お城巡り part 2

2013.06.01 Sat
岐阜城から次は、郡上八幡城へ。

郡上八幡城も、山城とは知りませんでした(^_^;)
現在のお城は、大垣城を参考に再建して、今年で80周年だそうで、
木造の再建城としては、日本最古***


郡上八幡城


外観はこうですが、中は歩きたびに、ギシギシ♪といい感じに音がしました。
最古ですもんね。


郡上八幡城_1


さっき、岐阜城を見たばかりだったので、
やっぱり岐阜城と比較した見方になるけど・・
岐阜城より大きくて、裾が広がって、岐阜城より田舎者だけど、上品な感じ(^_^;)


新町通


城を降りてからは、情緒ある郡上八幡の町を少しだけ歩きました~
ワタシが歩いたのは、新町通り☆


新町通_1


通りをちょっと横に入ると、こんなところも~
「やなか水のこみち」というほそーい小道で、そばに流れる水がキレイだったよ♪
郡上八幡は、夏の夜に1ヶ月夜通し踊られる郡上おどりで有名ですが、
新町通りは、8/13から16まで踊られる、徹夜踊りの舞台だそうです。
一度でいいので、徹夜踊り、見てみたいーーー


左京稲荷


もう少し歩けば、お稲荷さんがあったり・・・


郡上八幡_城下町_1


美術館や民芸店がある細い路地の下を見れば、こんなにステキに舗装してあったり・・・
なんか、郡上八幡が一気に好きになりました(^.^)


郡上八幡_城下町


新町通りを歩きながら、横の通りに目をやると、こんな古い町並みが見れたり・・・


ぼんぼり


川沿いに立つ、郡上踊りのぼんぼりも町にピッタリ★


野中稲荷


こちらは、野中稲荷。


明宝ジェラート


この日は、とにかく暑くて、ちょっと歩くたびに汗、汗、汗・・・
冷たいものが欲しくなって、立ち寄ったのが新町通りにある「明宝ジェラート」


明宝ジェラート_1


ワタシは、洋ナシのポワールとピスタチオのジェラートを♪
めちゃ、美味しかった(^^)

郡上八幡の城下町は広くて、古い町並みもあっちこっちと点在してるし、
短時間で歩き回るのは、体力がいるかなぁーーと。
でも、ゆっくりと歩いて回る価値はあるわ。
いつか是非、ゆっくーりとこの町だけを散策してみたいなぁ~と、
後ろ髪を引かれる思いで、城下町を後にしました。。。


帰雲城_1

帰りは、ルート156をひたすら走るという・・
cecilmamaが好きな、下道ドライブウェイ!(^^)!
その途中にあるのがこちらで・・
寄りたかったのもあるし・・


帰雲城


ここは、バスガイド時代に初めて知って、すごく興味を持った場所だったのですが、
足を止めて、じっくり見に行ったのは初めて。
1500何年かに、東海、近畿にわたる大地震が起こり、
この辺一帯の町と、町民数百名と、帰雲城が埋没してしまったという・・
伝説なのか、真実なのか・・
本当なら、哀しい話ではあるけど、ワタシは真実であって欲しいと思う。
ここに町とお城が埋もれてるなんて、、すごいわぁーーーと
感動と言ったら、失言になるかもしれないけど、10代のワタシの心に残った話でね・・・
城主の埋蔵金伝説も残ってるし、浪漫ある場所よ~☆
こういう話を聞くと、胸の鼓動が高鳴って仕方なくなるわけで・・(笑)。
今回初めて足を踏み入れてみました。

・・と、ちょいと岐阜までお城巡り~は、おしまい。
でも、大垣城に墨俣城、苗木城・・・と、岐阜には行ってみたいお城がいっぱい(^^)
こちらもいつか、行かなくては~!
お城巡りは、死ぬまで続くcecilmamaのライフスタイルになるのは間違いないみたいです(*^_^*)


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | top↑ |
<<交換る(買い換える) | ホーム | お城巡り>>

コメント

no subject

郡上八幡、親戚があるので、以前よく行ったことあるんですけどね、こんな素敵な街並みは知らなかったです。
お城も勿論行った事ないです。
こんな素敵なお城なんですね。
あ、因みに墨俣城、前の職場のすぐ近くなんです。
後大垣城、この二つは私も行ったことあります^^
それからcecilmamaさん、バスガイドさんだったのですか?
初耳ですー
なんか凄く興味あります^^
- | tomato | URL | 2013.06.01(Sat) 20:52:38 | [編集] | top↑ |

no subject

素敵な城下町ですね!
バスガイドさんだったのですね!
かっこいい!
凸凸
27yV6T5o | うさぎぴょん♪ | URL | 2013.06.03(Mon) 06:01:44 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://ironnairoiro.blog.fc2.com/tb.php/1203-cb6896cc