うそーー?! 食べれた!

2013.08.27 Tue
ある日の食卓に、
家族が勝手に焼いて、残されてあったコレ。
「焼きしいたけ」だぁ・・・(ーー;)
これは、どんな事があっても、絶対に食べれない!と思ってる料理の一品。
嫌いな食べ物は?という質問をされると、
躊躇なく、何の迷いもなく、即答で答える事が出来るcecilmama(^^ゞ
「しいたけ!」
特に丸焼き、丸煮なんて、もってのほか!
cecilmamaは、長年に渡って、こいつオンリー(笑)。
ある意味、特徴が掴みやすいワタシ・・・(^^)


しいたけ


この日、焼きしいたけを、暫くまじまじと眺めたワタシ(笑)。
そして、こんなものを作って残して行くなんて、ワタシに対する嫌がらせか!?
・・・と、暫くご機嫌ナナメ。
それほど、ワタシのしいたけ嫌いは、家族であったら基本中の基本~★
嫌がらせか!と、ふて腐れて終わりそうなところ、その日のワタシは違った!
「食べてみようーー」と、何故か思えた・・(笑)。
1切れ、恐る恐る口の中へ。
噛めば、苦手なしいたけの肉汁がジュワーーーー! 
臭い!臭い!しいたけ臭い!と悶絶して、口の中に入れた事をとっても後悔する・・
と、妄想が広がり、なかなか噛めない(>_<)
しいたけの塊を口に入れたのは、何年ぶりという軽いものではない。
我が人生において、多分、2度目or3度目ぐらい・・(笑)。
しかし、口の中に入れたからには、吐き出すかいつかは噛まないと・・・
んーーーー、噛んだ!

えっ!?
どうして??? 悪くない。食べれる・・・
美味しいかも・・いやっ、美味しいと決め付けるのは、まだ早い。
とにかく、食べれた!生まれて初めて、焼きしいたけを食べた~

食べれた自分に少々驚いた(^_^;)
ゲゲッ・・・と少しも思わない自分に驚いた。
年齢を重ねて、味覚が変化したの?(@_@;) 
あんなにどうしても嫌いだったのに、、、、
母に「焼きしいたけを食べたよ!」と伝えると、すごくびっくりするだろうなぁーーー
子供の頃から、残さず食べなさいと、好き嫌いを許してくれなかった母でしたが、
唯一、しいたけは残しても、何も注意されなかったし、
盛り付ける時でも、母はあえて、ワタシの器にだけしいたけを入れずにいてくれた。
たまに祖母が盛り付けをして、しいたけを入れようとすると、
「cecilmamaは、しいたけが嫌いだから入れないでやって」と阻止してくれた(^^ゞ
母は、しいたけからワタシを守ってくれてた(笑)。
しいたけだけは、母公認の嫌いな食べ物だったってわけで(^.^)
この年齢にして克服? それとも、たまたま?
食べ物の好き嫌いは、たくさんあり過ぎると、どんな育てられ方をしてきたの?
・・と、ワタシは思ってしまう人なんですが、1つや2つ、まぁ3つや4つぐらいまでは、
その人の「特徴」と思えるのです。
いいじゃん、それくらいって・・・(^^ゞ
しいたけが食べれるようになると、ワタシの唯一の好き嫌いの特徴がなくなっちゃう~
人として、強烈な個性を持ちたい☆と願うワタシ・・
え? ダメじゃん、それでは・・・・・(笑)。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


カテゴリ:other | コメント(1) | トラックバック(0) | top↑ |
<<相席も覚悟の上 | ホーム | 食べたいタイミングは大切>>

コメント

no subject

凄い凄い~
長年苦手だったもの、食べられちゃうようになるなんて。
なんだか自分に自信がつきそうですね。
私も挑戦してみようかなー
歳を重ねると、味覚も確かに変わるかも^^
挑戦する気持ちが凄く大事だって、そんなこと思いました^^
- | tomato | URL | 2013.08.27(Tue) 11:52:55 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://ironnairoiro.blog.fc2.com/tb.php/1251-257418e4