東京へ行くなら、泉岳寺

2013.12.25 Wed
12月22日のマシャのライヴに向け、横浜へ行く途中の寄り道。
東京で最も行きたかった場所・・・
渋谷にあるなんとかかんとかでもなく、
新宿のどうとかこうとかでもなく、もちろん、スカイツリーでもなく・・(^^)
そういうの、なんも興味ねぇーーと、北島康介風に(ーー;)
そして、ワタシはこちらへ。


泉岳寺


泉岳寺へ~★
男気が詰まった場所ですよ。


大石内蔵助


あの「忠臣蔵」でご存知の大石内蔵助率いる、赤穂浪士四十七士と浅野内匠頭が眠るこの場所。
一度は行ってみたかった♪


赤穂義士墓所


奥にある義士墓所へ。
ついに来た!と、墓所で胸が高鳴っていました(笑)。
墓所で・・ナント無礼な(ーー;)と思ったけど、行ってみたかった、とてもとても。

ご存知でしょうか?「忠臣蔵」のあらすじを・・・
ちょっとでもいいので知らないと、ここへ来てもお話になりません・・・(^^ゞ


浅野内匠頭


浅野内匠頭のお墓です。
あなたが江戸城で刀を振りかざしたばかりに、たくさんの尊い家来の命が消える事になったのです・・・
・・と、義士の家族の一員だとしたら、憎まれ口を言いたくなるかもしれませんが、
昔は、心から主君に仕えて、忠義を立てたのでしょう、多分。
それが武士の情けというもの・・・と、時代劇でよく耳にした台詞(^.^)
こんな事を言ってますが、主君に仕えるとか、忠義を正すとかはcecilmamaの大好きな世界♪
胸が熱くなって惚れ惚れしちゃいます。


大石内蔵助の墓


そして、大石内蔵助のお墓。
今も尚、たくさんのお花が飾られて、、、忠臣蔵ファンの凄さを感じました~
あなたのご判断は間違っていなかったのだと。
そう思いました。


大石主税の墓


内蔵助の長男、主税(ちから)のお墓。
若干16歳・・
元服したのも、仇討ちに志願してのようなもの。
内蔵助の長男という意味を、一番こころしてた青年だったのでしょう。
内蔵助の奥方、りくさんだったかな、
さぞかし、哀しかったでしょうに。大事なご主人と息子を一遍に亡くしたのだから。

・・と義士のお墓参りをして行くうちに、キモチがどんどん入って行くcecilmamaでした(^。^)


堀部安兵衛の墓


四十七士の中で一番のお気に入りは「堀部安兵衛」
安兵衛は剣豪として有名ですが、墓石に刻まれた戒名に「刀」の一文字が・・・・
豪快で酒飲みで、喧嘩っ早くて・・そんなイメージですが、
本当はどんなお人だったのか。


赤穂義士墓所_1


ワタシがここに居る間も、たくさんの人達が来られて、線香を上げておられる。
改めて、すごい場所だな~と思いました。
とてもとても有意義な寄り道でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<これがワタシの年末 | ホーム | 重宝してるモノ  -ハンバーグを焼く->>

コメント

name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://ironnairoiro.blog.fc2.com/tb.php/1320-76651484