FC2ブログ

忘れられない人に・・・

2014.03.09 Sun
出会いがあれば、必ず別れがある。

介護の職に就いてから、延べ何人のご老人と出会ったかな。
介護スタッフとしては、まだまだひよっこなので、
数にしたら、大した事はないけど、
その中でも、すでに忘れられない人が何人もいらっしゃいます。
人と対する仕事なので、相性が合う、合わない、好き、嫌いはあります(^_^;)
白黒ハッキリしたいワタシなんて、めちゃくちゃハッキリ分かれます(笑)。
大好きな人は、とことん好きになって、ハグしてるのに、
どうしてもダメな人には、声掛けが少なくなる(笑)。
本当に極端でどうしようもないワタシ(^^ゞ


林さん


異動になって約8ヶ月・・ここでも、また別れがひとつ・・・
これは、一番最近の夜勤中に撮った写真。
この日の勤務で、この人との関わりが最後なので、どうしても写真を撮ろうと決めてました。
これは、確か深夜2時頃・・・
一度、トイレに起きて来られて、そのまま寝ずに、洗濯物を畳んでいるところです。


林さん_1


それから、うろうろと徘徊が始まり・・・
ワタシとこの人との、長い夜(ーー;)
いつもなら、あーあ、やれやれ・・なのですが、
最後の夜なので、「2人の思い出」を作ろうと思ってました。
この人は、認知症とパーキンソン病を患っておられ、
この2ヶ月ほどの間で、暴言、暴力、徘徊、妄想と認知症の症状が一気に進んでしまい、
集団生活は不可能と判断。
退所宣告した上で、3月9日で退所となりました(>_<)
暴力は本当に酷かった・・・
ワタシも殴られ、蹴られ、爪でつねられたりしましたが、それでも好きな人でした。
どうしても、嫌いになれませんでした。
それは、、、、相性がよかったからですね。
この人は、なんと84歳まで現役で、病院の総婦長をしておられて、
根っからの責任感の強さというか、使命感の強さというか、
とにかく、愛情が深くて、芯があって、とんでもない働き者で・・
だから、好きでした。
この2ヶ月は暴力、妄想の中で生きていながらも、時々正気に戻られる時があり、
「どうしてこうなったのか。死んだ方が誰にも迷惑が掛からない」と嘆いて泣かれる事がありました。
そんな時、ワタシはいつも抱きしめて、胸の中で泣かせてあげました・・・
このワタシとの最後の夜も、
もうすぐ退所となる事情を知る由もないのに、ワタシの手を取り、
「これからも頑張られ。ばあちゃん、応援してるから」と目を真っ赤にしながら、
何度も何度も言われるのです。
まるで、ワタシに対する遺言のように聞こえました。
認知症ながらも、無意識に勘が働くのでしょうか。
ワタシは「うん、頑張るね・・・ありがとう」と、泣きながら答えてました。
また、認知症なのでおかしな発言もあり、
「ばあちゃんの年金、あなたに残して行くからね」と言ってくれたり・・(笑)。
この人の年金があるなら、ワタシはどんなにラクな暮らしができるでしょう~(笑)。
これから何年か続く、ワタシの介護人生において、
忘れられないひとりになりましたね、確実に!
暴力の酷い人は、他の介護施設に移るのは、大変困難になります・・・
このおばあちゃんも、精神科病棟に入院となりますが、
もしかしたら、大変お辛い予後を過ごす事になるかもしれません・・・(T_T)
それを分かっていながら、「元気でね」と見送る事が、とっても辛いです。
最後に「あまり暴れたらダメだよ。明るく元気でね」と言うと、
「わかった、わかった」と言ってくれました。

今夜は夜勤。
出勤したら、もうこの人の姿は見えませんが、
「頑張られ。ばあちゃん、応援してるから」という言葉を胸に、
ワタシは頑張る。
この人の事、いつまでも忘れずに頑張ろうと思ってる。



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


カテゴリ:other | コメント(1) | トラックバック(0) | top↑ |
<<絲CAFE | ホーム | 今度はナポリタン>>

コメント

no subject

なんだか、読んでて涙出てきちゃいました。
こんな別れもあるんですね。
やりきれないような・・・
いろんなことがあるんですね。
本当に辛い別れだけど、この方、きっといつまでもcecilmamaさんのこと忘れないんだろうなーって思います。
こんなことがあると、やっぱり頑張ろうって思えますね^^
- | tomato | URL | 2014.03.09(Sun) 17:08:38 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://ironnairoiro.blog.fc2.com/tb.php/1365-7365594c