和食で迎える

2014.04.18 Fri
セシルの容態が思わしくない時、三女が次女に連絡したようで、
急遽、関西から帰省してくれた次女・・
いてもたってもいられなかったのでしょう。
でも、次女が帰って来た頃は、ちょうど落ち着いた頃で(^^)


和食


1泊だけして戻って行きましたが、
そんな次女の為に作った料理。
帰って来た時は、出来るだけ和食。それも魚中心で用意しようと決めてます。
あちらで自炊はしてるようですが、
魚料理なんて食べてないと思うので、
こちらへ来た時は、どっぷりと魚で・・そして、質素で家庭的な和食を食べさせたいワタシです。
富山の春を食べさせようと、わざわざ「ホタルイカ」を買って来たら、
「ホタルイカーー?」と、とっても嫌な顔をしたけど、
「富山の味を食べて行きなさい」と言うと、黙って完食してました。


和食_1


ちくわの穴にほうれん草を入れて、厚焼き卵風に焼いたもの。
わりと手が込んでます(笑)。


和食_2


ホタルイカは、バルサミコ酢で味付けしました。
右上の器にあるのは、実家の母のお手製、おここの煮たが。
次女は「ばあちゃんに随分、逢ってないなぁーー」と言いながら食べてました。
逢ってないけど、馴染みの味です。
そして、味噌汁とご飯。
味噌汁も、一人暮らしだと口にする事は滅多にないでしょうね。
やはり、和食ですよ。日本の味★
久しぶりに顔を会わせる時に、家族で鍋やら焼肉・・・
そんな事でいいのでしょうか?(ーー;)
ワタシは、久しぶりだからこそ、在り来たりのおふくろの味を食べさせたいと思いますね。
魚や野菜が中心の質素な料理。
次女には「出来るだけ、魚を食べるようにしなさい」としつこく言ってますが、なかなか難しいようです。


和食_3


そして・・・
写真を撮ってると、セシルがやって来て。
お手手だけお邪魔します(^_^;)
この2日前は、嘔吐するたびに衰弱が進み、息も小さく、ぐったりと倒れこんでたセシル。
胆石による、胆嚢破裂寸前で、破裂すれば腹膜炎を併発し、
即、死亡に繋がる・・・と獣医に宣告されていました。
手術は死亡リスクが高く、内科療法で治療する方向になりましたが、
お手手が映り込むほど元気になってくれて、嬉しいよ♪
セシルは何に反応したのかな?
ちくわの穴の中のほうれん草かな・・(^。^)


セシル_3


とりあえずは、危ない状況は脱したようです。
自分の健康には、全く無頓着のワタシですが、
セシルの今後の健康に全力を注ぎたいと思ってます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


カテゴリ:other | コメント(1) | トラックバック(0) | top↑ |
<<シビアな1週間 | ホーム | ラムレーズンくるみパン>>

コメント

no subject

いいですねー
和食。
セシルくんを心配して急いで帰省された次女さんも、
きっと凄く嬉しかったんだと思いますョ。
離れてると親ごころ有難いものだと思います。
竹輪の巻き巻き、ホントお手間入りー
cecilmamaさんの暖かい想いが籠ってそう^^
セシルくんのお手手、かわいいー
本当に良かった^^
- | tomato | URL | 2014.04.19(Sat) 19:48:43 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://ironnairoiro.blog.fc2.com/tb.php/1391-85747d1d