みどころいっぱいの酒田と山岳信仰の聖地

2014.10.14 Tue
引き続き、旅ブログ☆
鶴岡市立加茂水族館から酒田市の山居倉庫へ。


山居倉庫


酒田市と言えば、ケヤキ並木が彩る山居倉庫のこの景色。
並木道を歩きたかったけど、ちょうど工事中で立入禁止でした。
「折角、来たのにね」と、そこにいた見ず知らずの観光客とぼやきました(^-^;


山居倉庫_1


明治時代に、庄内のお米の保管倉庫として建てられたそうで、
ワタシが立ち寄った時も、倉庫横にJAの積み荷トラックが停まって、お米を倉庫内に運んでいました。


山居倉庫_2


屋根と土蔵の間に空間を作って、風通しをよくする工夫がされていたり、
二重造りの屋根は、湿気防止の役目があるそうで・・・


山居倉庫_4


近くに流れる川。
昔は、船着場があって、お米の運搬もされていたのでしょうね。


本間家_1

 
そして、山居倉庫から歩いて10分ほどで、本間家旧本邸へ。
武家屋敷と商家が一緒になった、日本でも珍しい建築様式だそうです。
幕府の巡視使一行の本陣宿として建築されたそうで、
実際にお侍さんが滞在した期間は、たった2泊3日だったそうです。
スケールでかっ((+_+))
戦時中には、本邸に部隊が置かれたり、
昭和20年まで、商家造りの方で、本間家の方達がお住まいになられていたり、
その後の昭和51年まで、地元の公民館として利用されていたとか・・・
iroiroな歴史が刻まれていました。


本間家の赤松


玄関先にあった赤松。門かぶりの松と呼ばれ、樹齢400年とか。
潮風が吹く酒田市で、赤松が育つのは大変珍しいとの事。
パワーを感じました。


羽黒山鳥居


そして、出羽三山のひとつ、羽黒山へ。


羽黒山随神門


この門をくぐると、長い長ーーい杉並木の参道がありました。
全長1.7キロだったかな・・・


杉並木


1.7キロを登る事は、始めから無理と判断して、、、
とにかく、途中まで行く事に(;´Д`)
ここ数年、いろんな石段や山を登り切って、次の日も奇跡的に筋肉痛もなくて、
意外とイケるじゃん~★と思っていたワタシでしたが、
山岳信仰の聖地、羽黒山・・恐るべし!!
登りながら、つくづく思いました。
とにかく、しんどかったのよ、、、、トホホ。


爺杉


樹齢1000年以上と言われる「爺杉」


羽黒山五重塔_1


そして、お目当ての国宝・羽黒山五重塔。
凛とした、佇まいでしたね。
国宝の風格がある。


一の坂


とにかく、一の坂は登ろうと・・・( *´艸`)
その先は、二の坂、三の坂と続き、山頂の社殿へと行くわけですが、
きつくて、無理よ~、無理無理(T_T)


杉並木参道


延々と続く杉並木。
この参道は、ミシュランガイドで三ツ星を獲得したとか・・・
ミシュランガイドがナニモノかも、その価値も名誉も全く知らないワタシですが、
三ツ星なのー、へぇーー。三ツ星と言うと、特別感があるからね☆
石段は2446段あるそうです・・・
んーー、想像できない段数・・(-_-;)
山岳信仰は、羽黒山は、そんなに簡単ではなかった・・
ギブアップ寸前、、ヘトヘトになったcecilmamaでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |