山形に誘われたキッカケの名所

2014.10.16 Thu
通称・山寺。
正式には、宝珠山立石寺という。
もう、いつの事だったか忘れましたが、山寺の写真を初めて見た時から、
行きたくて、行きたくて、たまらなくなったお寺。
ただ、じっと時を待っていても行ける訳もなく・・・
ここは強行突破! 
自分で切り拓くしかなくて、山寺目当てに山形旅行を強行したワタシでした(^.^)


山寺登山口


さてさて、登山口。
車を停めたパーキングのおじさんは、石段は1051段と言ってましたが、
ワタシが持っていたガイドブックには1015段と・・(^-^;
まぁ、どっちでもいいわ、とにかく1000段越えです!


山寺山門


山寺の山門。
こちらで、拝観料を払って登り始めました~


弥陀洞_1


参道は、ごつごつした岩肌と木々が生い茂って、自然を身近に感じられました。
そして、急な石段・・・大勢の参拝客。
こんなに人が多いとはびっくりしました。
前の人の登るペースが遅いので、結構何人も抜かしたよ(笑)。
やっぱりね、これは自分のペースを保つのがワタシのコツ★
何事にも、他人にペースを乱されたくないワタシらしい。


仁王門


仁王門。
この先から、もっともっと過酷な石段が、、、、
息がハァーハァー、ぜぇーぜぇー・・・汗びっしょり。
かなり苦しい・・・
隣のおっさんの息が酒臭かった、、、(;´Д`)


紅葉と納経堂


苦しい中、登っていると、目の前に納経堂と開山堂が見えて来ました~
この景色が、ワタシをここに誘ったのですよ。


納経堂_2


そうそう、この景色が・・・・


赤い祠納経堂


赤い祠の納経堂。
小さいお堂ですが、山寺では一番古いそうです。


釈迦堂


開山堂の裏には五大堂があって、ここから町並みを見下ろせましたが、
正面には、地獄谷に建つ釈迦堂が見えました。
どうやって、あそこまで行くんだ?
撮影はズームで撮ってるので近く見えるかもしれないけど、肉眼で見るとかなり遠いです、、
修験の地だなぁーー
昔は、岩肌から修行僧が何人も滑落して、命を落としたそうで・・・


五大堂から


五大堂から見た眺め。
山寺随一の展望スポットです。


大仏殿と奥之院


そして、参道の終点。
奥之院と大仏殿に到着!
はぁーー、やっと着いた。そんなキモチでした。
とにかく、足腰が、、、大変な事になってました(-_-;)


奥の細道四寺廻廊


山寺は、芭蕉が「閑かさや 岩にしみいる 蝉の声」と俳句を残した事で有名ですが、
山寺にこんなポスターが。
あれ、ワタシ、今年でみんな行っちゃってるよ(笑)。
いつの間にか、無意識に奥の細道を辿っていたワタシ・・
別に芭蕉フリークではないですけどね(^-^;
行きたかった所がたまたまよ。
でもね、感性というか、惹きつけられるモノって、こうやって繋がってるんだなぁ~と
つくづく思った・・です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |