神様がいた場所・斎場御嶽(せーふぁうだき)

2015.05.20 Wed
平和祈念公園から30分ほどドライブ~
次は南城市にある、世界文化遺産の斎場御嶽へ行きました。
斎場御嶽・・・さて、なんて読むのか(^-^;
「せーふぁうだき」と読むのだけど、たった7音の言葉がどうしても頭に入って行かず、
自分では「さいじょうおんたけ」と覚えていました(;´Д`)


斎場御嶽


ここへ行くの、とっても楽しみにしてたんだ~♫
入場の時にもらったパンフレットの言葉をそのまま拝借すると、
御嶽とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で、
斎場御嶽は琉球開びゃく伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地です。
・・・という事です(^.^)
琉球のはじまりの地という事ですね。


斎場御嶽_1


御嶽の中には、6つの神域がありまして、
さて、行こう、行こうーー!


拝所


大庫理(ウフグーイ)といって、最初の拝所です。
琉球王朝時代に、国家的な祭事が行われていた場所。


斎場御嶽_デイゴ


すごく目立つ、大きな樹がありました。
「でいご」
はぁーーん、聞いた事がある。
THE BOOMの「島唄」の歌詞にあったよね~

          ― でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た ―

そのでいごだーー( *´艸`)
なんかね、神々しかったです。


斎場御嶽_2


斎場御嶽は、自然保護と聖地としての静寂さを確保するため、
必ず、マナー向上、注意事項のビデオを見てから、入場する事になっていました。
手が施されていない、自然がそのまま🌳
もろに、もののけって感じです★
神様がいる場所という感じがしました。


三庫理


そして、三庫理(サングーイ)。
2つの岩と三角形の空間の突き当たり部分が、それぞれ拝所になっていました。
また、海の彼方に「神の島」と呼ばれる、久高島を望む事が出来ましたよ~🎶


寄満(ユインチ)


寄満(ユインチ)
台所を意味する言葉だそうです。


久高島遥拝所


三庫理の奥にある、久高島遥拝所。
神の島を望みましたーー!(^^)!


久高島


それがこの景色。
遠くに見えるのが、久高島です。
王朝時代に神事が行われた神の島。 思わず、両手を合わせます。
歴代の琉球国王は、久高島の参詣を欠かさなかったそうです。
久高島・・行って見たいなぁーーー
今度また沖縄に来たら、次は久高島へ行って見よう~~と思いました。
実際に斎場御嶽に来て、感動を覚えて、
「さいじょうおんたけ」ではなく、
正式名称の「せーふぁうだき」と、やーーっと、自然に覚えられるようになりました(;´Д`)



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |