雨のち晴れ 棚田と断崖を訪ねる

2015.09.16 Wed
能登ドライブ、最後のブログ。

ゲリラ豪雨のような激しい雨に降られ・・・
海も大荒れになりました。
目の前に海が広がる場所に車を停めて、、、


雨の増穂浦


向こうは、増穂浦。
近くに「世界一長いベンチ」がある場所・・・


雨宿り


車内で雨宿り・・☂
帰ろうかな?どうしよう・・と迷っているうちに、


雨のち晴れ


パーーッと空が晴れて来て。
その間、10分もなかったよ。ほんとにゲリラだ・・(-_-;)
水たまりに、青空が映って綺麗だったなぁ!


大笹波水田


晴れたので、そのまま能登ドライブを続行☆
目指すは「ヤセの断崖」
途中に棚田があったので、少し見物。


棚田


能登の棚田と言えば、輪島の「白米の千枚田」が有名ですが、
能登半島の地図を見たら、他にもiroiroあるようです。
こちらの大笹波水田は、日本棚田百選のひとつ。
ちょうど、稲刈りの真っ最中でした。


ヤセの断崖へ


しばらく走ると、「ヤセの断崖」に到着。


ヤセの断崖


松本清張原作の「ゼロの焦点」の舞台。
映画にも登場した断崖絶壁です。
まさに、火曜サスペンスって感じ💦
広末涼子主演の映画「ゼロの焦点」を見たけど、ここへ来ると、もう一度見たいな~と思いました。
DVDレンタルしかないね(^-^;


ヤセの断崖_1


下に見える岩場が、ヤセの断崖。
ヤセとは、この周辺は植物が育たないやせた土地だった事や
断崖に立つと身がやせる思いがする事から、ヤセの名前がついたと言われているそうです。
なるほどね~


義経の舟隠しへ


断崖から300メートル離れたところにあるのが、義経の舟隠し。


義経の舟隠しへ_1


ここにもあったよ、ロマンの男の逸話が。
義経は本当にロマンの男だわ~ ファン♥
舟隠しへ行くまでは、まるで、空に向かって歩んでるような、そんな道だったな~


義経の舟隠し_2


こちらのパッカリ2つに割れた岩場が、義経の舟隠しです。
義経一行が奥州へ下る際、兄である頼朝一行の追っ手から逃れる為に、
舟48隻を隠したという伝説の絶壁です。


義経の舟隠し


裂け目が影になって、よくわからない写真になってしまいましたが、
吸い込まれそうな絶壁でした。
ちょっとした岩場の影を義経に関係づけて、
義経の舟隠しと名付けたところは、いくつかありますが・・
まぁー、まぁー、まぁー、細かい事はいいのです!(笑)
義経だから(´・ω・`)
義経がジンギスカンだとする、とんでもない仮説もあるくらいなので、
この程度の岩場のひとつやふたつ。
ロマンがあってもいいじゃなーーい♫


義経の舟隠し_1


これが能登ドライブの最後の写真📷
最高の景色、撮ったどーーーー!
能登に来て、海、雲、空を見ると、歓迎されてるように感じるワタシ( *´艸`)
また行こうと思う、大好きな能登に。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |