サヨナラは、二度目の方がずっと切ない

2017.06.01 Thu
東野圭吾原作の「秘密」・・・
広末涼子主演の方・・遅ればせながら、見ました。
1999年映画化という事なので、大変遅くなっての鑑賞となりました💦
当時、話題になった事は何となく覚えています。
しかし、映画の内容も何も知らず、興味もなく・・・
1999年当時は、長女が9歳、次女は6歳で三女は4歳・・
育児に家事に、家庭内のゴタゴタ💦 
自分自身の度重なる体調不良で、余暇どころではなかったし。
ワタシの人生の暗黒期・・(-_-メ) と、でも言いましょうか。
今の自分とは、まるで別人のように生きてました・・・
最悪の女の厄年、ど真ん中(;´Д`)
何が流行していたとか、すっぽりと抜け落ちている時期でもあって・・・
取り戻すかのように、レンタルして来ました。
広末涼子は確かに若いけど、まだ映像が古臭くなくて、新鮮な気分で見る事が出来ました。


秘密


東野圭吾原作のわりには、少し笑えて、爽やかな部分もあったかな・・
そして、何よりも泣けました・・
最後の切なすぎる事・・・・ 本当に切なくて、切なくて、心がしびれました。
今では、立派な女優さんになられましたが、
あの当時は、これから、まだまだ売り出し中の頃だったと思われる広末涼子・・・
当時は、アイドル扱いだったような気もするけど、
そんな中、この作品に出会えた事が、いい転機になったのでは?と思いますね。
それほど、いい作品だし、俳優・小林薫氏を相手に、あれだけの演技をやったのはすごいなぁ~と。

映画を観た人なら、この意味は分かると思いますが、
サヨナラは、二度目の方がずっと切ない・・・

本当に切なかった・・・
心に残る映画のひとつになったな☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |