今年はまさしくブーム

2017.09.19 Tue
今年は、村井四段の記録でにわか将棋ブームでしたね。
(・・と年末のような出だし💦)
年末の1年を振り返る番組では、必ずこの出来事がピックアップされるでしょう(^.^)


聖の青春


そしてワタシは、「聖の青春」を観ました☆
実話好きなので、もちろんチョイスです。
僅か29歳でこの世を去った、天才棋士・村山聖の一生を描いた物語。
彼が将棋界で活躍してた頃、
「この人は何故こんなにブクブク太っているのだろう??」と思っていました。
亡くなってから病気という事実を知ったわけだけど・・・・
映画を観ても思ったけど、村山さんは常に孤独でした。
病に、将棋に・・と戦っていたわけですが、目の前の羽生さんに勝つ事しか考えてなくて、
この先、もっともっと何十年も生きていたい!という欲は、なかったように感じがしました。
幼少の頃から腎臓が悪いのに、棋士になってからも食生活はめちゃくちゃ・・
そして、治療に熱心な患者ではなかったようなので・・・
彼にとって生きると言う事は、羽生さんに勝つ事だったように思います。
せめて、羽生さんとの最後の対戦は勝たせてあげたかった。
優勢だったのにポカして負けちゃうなんて💦
だから、ずーーっと語り継がれているのかもしれないけど。
昨年でしたっけ?亡くなった永六輔氏の言葉に、「人は2度死ぬ」という言葉があります。
心臓が止まって、肉体的に死ぬ事が最初。
そして2度目は、人の記憶から無くなり、語ってもらえなくなる事だそうです。
そういう意味では、たった29歳で亡くなってしまったけど、
村山さんは、まだ多くの人の心の中で生きてるって事になりますね。
素晴らしいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |