FC2ブログ

心のよりどころは何ですか?

2018.07.27 Fri
ユリゴコロ・・・
という言葉が本当にあるのか、調べてみたワタシ💦
響きも見た目も、可愛いなぁ~と思いましたが、
映画の内容は、決して可愛いモノでも、人が惹かれるモノでもなく。


ユリゴコロ


「彼女がその名の知らない鳥たち」も同じ原作者の沼田まほかるさん。
見たいと思っていたのがたまたま重なり、どちらも松坂桃李が出演してるという。
今回DVD5本レンタルした中で松坂桃李が3本出演。松坂桃李率が高かったなぁ~(^.^)

あらすじは、子供の頃から人を殺す事に興味があった、吉高由里子演じる相当ブラックな美紗子。
「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか」
という一文で始まる、ユリゴコロと表書きのあるノートを、
父親の部屋の押し入れから見つけた松坂桃李演じる亮介。
そのノートは、殺人鬼の手記だったわけですが、
本当に稀の稀、チョー稀に、こういう人間の顔をした化け物が生まれる事はあると思ってます。
神戸児童連続殺傷事件がそうだったように・・・
ユリゴコロとは、映画の中で心のよりどころのような意味で使われていました。
美紗子のユリゴコロは、人の死だったわけで、
幼女、少女、大人の女性と成長するにつれ、美紗子のユリゴコロも変化して行き、
映画の前半は狂気でしたが、後半はとっても愛に満ち溢れていました。
ネタばらしをすると、亮介が見つけて読んだ殺人鬼の手記は、自分の母親の手記になるわけだけど、
グロい中でも親子愛が描かれていたり、
なんか、、、深い映画でした。
ウチの三女はユリゴコロの大ファンで、もうすでに4回も見てるという・・・・(;´Д`)
さすがにワタシは4回も・・・・💦



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |