FC2ブログ

老老介護を見る・・・

2018.09.15 Sat
「八重子のハミング」という映画のDVDを観ました。
ある日、旦那さんが癌に侵され、本人はもとより、その妻、家族にも告知をされるのですが、
それを機に、妻が若年性認知症に侵されて行くというあらすじです。


八重子のハミング


認知症は、脳の神経細胞が障害を受けて死滅し、減少して行く事で起こるとされてますが、
環境の変化や精神的ショックが影響して進行する事があります。
八重子さんは、旦那さんが癌になってしまった事で、とっても不安になり、
日常生活動作が段々とおかしくなって行きました・・・
旦那さんは自ら癌と戦いながら、徐々に記憶を無くし、童女に帰る妻の介護をする日々が始まります。
観てて、身につまされました・・・
ワタシの介護職の経験でも、夫と死別した後に認知症になった人を数名、みて来ましたが、
どの人も70代で、印象としては、とっても優しくておとなしい性格。
決まったケースはないと思うのですが、そういえばそうだな・・と、DVDを観て思いました。
今、ワタシが担当する利用者にも夫婦2人暮らしの老老介護中の人がいます。
妻が夫の介護をしてますが、どちらも80代。
夫の今後の自宅での生活は、妻に掛かってるのですが、妻の体調面も心配で、
担当する夫だけではなく、妻の様子も抜かりなく観察して行かなくてはならないなぁと、
身が引き締まる思いでした。
老老介護の現状・・・観てると本当に辛くて大変そうで、、、、
せめて自分は、こうなりたくないと思うのですが、
願わくば、ピンピンコロリ★



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |