FC2ブログ

働かない奴はダメ

2019.06.19 Wed
こんばんわ、cecilmamaです(^.^)

斎藤工監督の「blank13」を観ました。
主演は高橋一生。
その父親役がリリーフランキー。


blank13.jpg


コウジ(高橋一生)の父・雅人(リリー・フランキー)は、
ギャンブルで借金を作って13年前に姿を消し、見つかったときには胃がんで余命3か月でした。
どうしようもない愚図の父であり夫であり。
雅人が消息不明となった後に残された妻と息子達は、苦労して借金返済をした過去があり、
兄のヨシユキ(斎藤工)は父・雅人の見舞いを拒びますが、
幼いころ父とキャッチボールをした思い出があるコウジは入院先を訪ねます。
しかし、13年ぶりに会った父は相変わらず借金の取り立てに追われており、
コウジは心を通わせないまま病院を後にし、親子の溝は埋まらないままでした。
それから間もなく雅人は帰らぬ人となり、雅人のお葬式をあげるのですが・・・・
その雅人のお葬式は兄のヨシユキが喪主となり、参列者はコウジとその恋人。妻は参列を拒み・・・
消息不明の13年のブランクの間に、家族が知らない雅人と関わりある人達数名が参列しますが、
僧侶に促されてそれぞれが雅人との思い出話を話し始めます・・・

この映画の製作委員会とやらに、福山雅治の名が連ねてあるそうです。
マシャのお父様は、マシャが17歳の時に亡くなっておられるけど、
あまりいい父親ではなかった・・・という話は有名で。
いつも博打やマージャンをしていたとか、お酒が好きだったとか・・・
普段から自宅に寄りつかなかったとか・・・
お父様のお葬式には、あちら系の指の無い人が参列していたという話も有名で。
なので、映画blank13のリリーフランキー演じる雅人のダメっぷりがお父様と重なったのかな~と、
勝手に思って映画を観てました。
働かず、お酒や博打が好きで滅多に家に居なかったというのは、
昔も今もちらほらとある話なのかもしれないけど、
一見、豪快なイメージを持ってしまうけど、豪快でも何でもなく、
単なる無責任で男の働かないのだけは嫌です。
それならまだ、女癖が悪いけど、働き者がいいかな💦(笑)
多少の体調不良でも、我を奮い立たせて仕事に行く人がいい!
働かない男はダメ、ダメです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |