将来、ゼロになりますように・・・

2017.03.27 Mon
こんばんわ、cecilmamaです。

昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の影響で、堺雅人氏を俳優として好きになり、、、
真田丸の最終回から、堺雅人氏の演技を見ていないので、なーんかとっても恋しくなって、
主演映画のDVDを2本レンタルして来ました(^.^)


ひまわりと子犬の7日間


堺雅人祭り~と題して、まずは1本目★
「ひまわりと子犬の7日間」
ワンちゃんと堺雅人の共演・・・となると、もうーーー見るっきゃない♪
堺雅人が演じるのは、保健所に勤務する、奥さんに先立たれた2児のパパ。
ある日、畑を荒らした母犬と子犬が保健所に収容されて来ますが、
保健所の規則では収容期間は7日間・・
その間に引き取り手が見つからない場合は殺処分にされてしまいます。
凶暴な母犬の引き取り手が見つかるとは思えず、
そうなれば、乳離れできない子犬の命も危ぶまれる中・・・・
という、実話に基づいたあらすじで、ベタと言えばベタなのですが、


ひまわりと子犬の7日間_1


映画の中に出てくるセリフで、
「人間と同じように、どんな動物にもそれまで生きてきた歴史があり、物語がある」
わかるなー、わかる、わかる。
期限の7日間が迫る中、奇跡が起きて、母犬も子犬の命も救われたのですが、
現実には、救われる命は、きっと僅かなのでしょうね・・・

話は全然違って、、、、
ワタシが敬愛する、今は亡きお姉さんは、ペットの殺傷処分ゼロを願って、
動物愛護活動に励んでおられました。
亡くなられた今は、その遺志を継いで、パティシエの旦那様が微力ながら・・と仰りながら、
活動に参加しておられます。
泣けるなぁーーー ステキすぎる。
ワタシもそういった活動に参加したいです。
どうしたらいいのでしょうかね・・・キモチだけはあるけど💦
愛犬家、ワイン、そしてヘアースタイル・・・と、
亡きお姉さんにもしかして似て来た?ワタシ・・・( *´艸`)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

これは実話なの?

2017.03.24 Fri
久しぶりに「巨編」という言葉を見て、
見たいな~と思った映画、「64」
昭和天皇崩御の影に隠れて、こんな悲しい事件が本当にあったとしたら・・・・


64.jpg


それにしても、豪華な俳優陣でした。
前編、後編と一気に見入ってしまいました。
↑ DVDを見るまでは、この中に誘拐犯がいるとは思わなかったけど・・・💦
佐藤浩市でないのは確か(^-^;
さてさて、誰でしょう??
昔は誘拐事件がよくあったなぁ・・と記憶してます。
それに比べたら、今は誘拐事件が発生する事は滅多になくなって。
身代金を強奪して、逮捕されずに逃げ切る事が難しいからでしょうか。
世間の状況がiroiroと変化して、子供を誘拐しづらい世の中になったのもあるかもしれませんが・・・
そうかと思えば、考えられないような卑劣な事件が起きるようになったり・・・・
どんな事件であろうと、特に人の命が犠牲になった事件に関しては、
未解決のまま終わってほしくない・・と「64」を見て、つくづく思いました。
ネットでは、実際にあった未解決の誘拐殺人事件をモデルにしたという噂が流れてます。
ほんとなの?



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

愛し合いたくなる映画・・サヨナライツカ

2017.03.16 Thu
12年ぶりの主演作品という事で、上映当時は話題になっていた、
中山美穂主演の「サヨナライツカ」
原作は、今では元旦那さんになってしまった、辻仁成。
近年の彼女を見ると、さすがのミポリンでも年齢には勝てない・・
劣化しちゃったな・・と思ってたけど、
この映画のミポリンは、とっても綺麗、お美しい~かったです★


サヨナライツカ


この映画の頃から、西島秀俊のブームが始まったのでしょうかね。
映画では、彼の裸体が何度も映ったけど、
鍛えられた肉体美は、とっても素晴らしい~(´艸`*)
ワタシは、男の肉体美にはあまり興味はなくて、
いいのならそれに越したことはないし、悪くてもOK~(笑)。
他にキュン♥とする男らしさを感じられる部分は、肉体美だけでなく他にあるし・・
でも、お尻は「野球尻」が好きだな(笑)。


1サヨナライツカ_


・・と、男性の身体の話は終わりにして、
それで、映画の内容は切なかったなぁ。
結ばれない恋。
叶わない恋。
でも、お互いに愛し合ってる・・・という、ベタと言えばベタですが、、、、
思い出だけで、男女はいつまでも繋がっていられるのかな・・・
見終わって最後には、そう思いました。
ミポリンの美しさが哀しかった・・



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ヒミズ

2017.03.14 Tue
「冷たい熱帯魚」に続いて、園子温監督の映画・・2本目です。
「ヒミズ」
ヒミズって、モグラの意味だそうです。
土の中で生きるモグラ・・・
モグラが映画のタイトルになったのがわかる、そんな内容でした・・・


ヒミズ


時々、映画のシーンに出てくる、東日本大震災の被災地の様子・・・
多分、実際に行って撮影されたと思うのですが、これってあり?なの・・・と普通に思ったな。
ワタシも数か所の被災地を実際に行って見て来ましたが、映画の場面に出てくるのは、
どう見ても見覚えのある石巻・・だと思います。
映画のシーンに使っちゃうのは、どうなの??と、思ったけど、
ストーリーは、東日本大震災後の設定で、登場人物も被災者の設定で数名出て来ました。


ヒミズ_1


それにしても、園子温監督の映画は、ドロドロ・・・
こういう人間がいるのか?と思うし、「普通」ではない人ばかりが出て来て、
「普通」ではない話が展開して行って・・・
ある意味見てると疲れて来ます(笑)。
こんな特殊な世界が世の中に存在してるのかな・・・映画を本気にする必要はないけど、
でも、ワタシのような入り込んじゃうタイプは、つい思ってしまう。
あぁ、普通でよかった。
平凡がいい。
普通に生きて、普通に死にたいよ。
園子温監督の映画を見るたびに思う。
キモチも頭も疲れた・・
こういう映画の後は、恋愛モノとかほのぼのしたのが見たくなる(^.^)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

美味しいコーヒーが飲みたくなる

2017.03.08 Wed
こんばんわ、cecilmamaです(^_^)
DVDネタが続いています・・・
ちょっと時間があると、レンタルして見るようになりました。
マイブームでしょうか。


さいはてにて


そして、今回は「さいはてにて」をレンタル。
大好きな能登半島を舞台にした話です★
東京で一人暮らしをしていた、永作博美演じる岬が、父親と生き別れた能登半島の船小屋で、
コーヒーショップを開業します。
コーヒーの香りに魅せられて人が集まって来て、人と人との関わりが生まれる。


さいはてにて_1


永作博美が手慣れた手つきで焙煎機を動かす姿が、なーーんかよかったな(´艸`*)
焙煎屋さんって、儲かるのでしょうか?(笑)
かっこよかったです。
コーヒーショップ、能登半島、海、、、
全体的に静かにおだやかーーに、ゆるーーく話が進む感じで癒されました。
静かに時を待つ感じが、生活感がなくて、あんなふうに暮らしてみたーーい🎵、、、と。
いつもあくせくしてるワタシにとっては、理想のような・・
そんな「さいはてにて」の永作さんでした。
そして、コーヒーショップで美味しいコーヒーが飲みたくなって来たなぁ♡
お気に入りのマイ・カフェを探そうかな。
1軒ぐらいあってもいいかなぁ。
高校時代に、入り浸りになっていた「くらうん」という喫茶店が、
最近、リニューアルして移転したとか。
青春時代を思い出して、すごく今、行って見たいお店。
でも、あのちょっとくらーーい店内が良かったのだけどね(^-^;



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

すんげぇー、女優魂

2017.03.06 Mon
「百円の恋」
もの凄い女優魂を見た! そんな映画でした。
安藤サクラが凄すぎる。
彼女の時代が来たぁーーと思った作品でした。


百円の恋


この作品で、昨年は日本アカデミー賞の主演女優賞を受賞されましたが、
それから、とても見たい映画のひとつでした☆


百円の恋_1


安藤サクラが劇中でボクシングをやってますが、体当たりの熱演で、
最後まで映像に引き込まれました。
女優がここまでやるの?? 
彼女のボクシングは、嘘ではありませんから、本物です。
撮影に入る前に、どれだけの準備期間があったか知りませんが、
ここまで出来るようになるのか・・・と、、、

日々を怠慢に過ごしていた、一子。
衝動的に始めたボクシングで人生の立て直しを図ります。
人生は、自分の思い描いたように進まない方が多い・・・と、
ワタシは、今までの自分の人生を振り返っても思うのですが、
怒りや苦しみ、悔むキモチが、今までの自分の原動力になっていた・・とも思います。
それで人生を前進させて来た・・と言っても、過言ではないかな。
ボクシングの試合には負けてしまった一子でしたが、カッコよかったです。
結果ではなく、頑張ってる姿が美しかったです☆
イキイキと生きてる実感を感じる事が出来ました。
ワタシも今はくすんでいますが、またイキイキを取り戻したいな~と思った、そんな映画でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

灯台がとっても印象的

2017.02.27 Mon
やっと見ました、「悪人」★
映画賞を受賞されていたし、気になっていた作品のひとつでした。


悪人


見てる最中から、見終わった後に思ったのは、
「誰がいちばんの悪人なのかな」という思い・・・
そしたら、映画のサブタイトルに「誰が本当の悪人なのか?」と書いてあるのに気付いて、
ワタシの感じ方は間違ってないのね・・と思いました(^_^)


大瀬崎灯台


舞台は長崎で、映像に出てくる断崖の先端に立つ灯台が、
逃避行の末に辿り着いた、行き場のない2人を現してるようで、
クライマックスにピッタリの場所と思いました。
そして、この灯台に行ってみたいな~と。
ネットで調べたら、大瀬崎灯台。 (写真はネットから拝借💦)
橋に魅せられて、iroiroと廻ったけど、次は灯台?(笑)
映画のロケ地巡り~っていうのもいいかも(^-^;
大瀬崎灯台・・・見れば見るほど、魅力的な灯台・・★
いつか、必ず・・この灯台へ行きた~い(^.^)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

この2人が来てくれただけでも、スゴイかな

2017.02.24 Fri
昨年、上映された「富山が舞台の」映画・・
人生の約束。
さっそくDVD鑑賞~(^^♪



人生の約束


富山県射水市の新湊地区が舞台。
毎年10月1日に開催される、新湊曳山祭りを背景にストーリーが展開して行きました。
ワタシもこの祭りが大好きで、ある時期までは、毎年10月1日には祭りを見に行ってました。
「イヤサー、イヤサー」の掛け声が、なにかワタシの心が躍ると言いますか、
なーーんか、訳もなく好きだな~と思って、
10月1日の日は、今でも「あ、今日は新湊の祭りだ~」と思っちゃう。
なので、この映画も大変興味がありました。


人生の約束_1


「四十物町」と書いて、「あいものちょう」と読む町。旧町名だそうですが、
その四十物町出身の大学の同級生・航平と竹之内豊演じる中原の友情物語なのかな。
曳山で繋がる人と人・・・
曳山の躍動感も映像で描かれていましたが、
もう少し、何か・・・ストーリー性として足りないなぁ・・と思ったのが感想でした(^^ゞ
祭りが好きな為に、ちょっと期待しすぎてたかな・・・
北陸新幹線が開通してから、富山を舞台にしたドラマや映画が少し増えたような気がします。
「また、そこが撮影場所なの?」というのはあって、
ワンパターン化になりそうで、もっとiroiroあるのになぁーと思ってしまいます。
次はどこ? 楽しみに期待していよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

愛犬家は、きっと誰もが涙する・・・

2017.02.20 Mon
「犬と私の10の約束」という映画を見ました。
またまた、またDVDのお話だけど・・・💦
セシルを飼ってから、初めて犬関連のDVDを借りて見て・・・
やっぱり、号泣・・・しました(笑)。
ダブるのよね、セシルと・・(^^ゞ そりゃそうですよね。


犬と私の10の約束


「犬の十戒」をご存知でしょうか?
ワタシも何かで偶然知ったのだけど、まるでセシルがワタシに呼びかけているような言葉が並び、
胸にグッとくるモノがありました。


犬の十戒


その「犬の十戒」をモチーフにした映画で、
それにしても、ソックスと名付けられたゴールデン・レトリバーがめちゃくちゃ可愛かった!
もともと、飼ってみたい犬種のひとつだけど、こういう映画を見るとすごく飼いたい!と思うなぁ★
ゴールデン・レトリバーって、なんであんな表情豊かなのかな~?
ソックスが愛くるしすぎて、見てるだけで涙が出て来て、映画の後半は大変だった・・・


犬と私の10の約束_1


映画の口コミの中には「愛犬家は見ない方がいいかも」という意見が載っていました。
そうかな??
自分のペットにもっともっと愛情を注ごう~と思わせてくれたけどな・・・
家族に見守られながら、ソックスが死んでしまうシーンは、涙無くして見られなかったけど、
愛犬家だからこそ、見た方がいいと思いますよ(^-^)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

現実にある・・・話

2017.02.18 Sat
昨年公開された、こちらの作品。
上映劇場が少なく、ワタシとしてはDVDが出るのを待ちに待っていた、待望の映画です。
主演・三浦友和の「葛城事件」


葛城事件


無差別殺人事件を起こした男とその家族を描く映画。
美しい妻、がむしゃらに働いて手に入れた夢のマイホーム。
そして、可愛い息子達・・・
理想の家族を手に入れた・・と思っていた、三浦友和が演じる父親。
次男が無差別殺人事件を起こしてしまい、
家族の歯車が、どんどん狂い始めて行く様子を描いていました。


葛城事件_1


この映画は、あの「附属池田小事件」をモチーフにしているとか・・・
葛城家の様子を見てるだけで、息をするのも苦しくなる場面がありました。
少し間違えれば、どこの家庭にも起こり得るのかな・・と思ったり。
無差別殺人鬼というバケモノを生んだのは、
子供の頃からのきっと大きい事からちっちゃいちっちゃい些細な事までが、
年月をかけて、まとまって原因になったのかもしれませんが、
それは、家族にも大きな責任があるという事でしょうか・・・?
だけど、加害者の家族も被害者なのかもしれません・・・
この映画を見て、ワタシはそう思ってしまいました。
そう言ってはダメですか?
今後、加害者の家族として、死刑囚の家族として、どうやって生きて行くのか・・・
残された者の厳しさを痛感しました。
胸が苦しくなる映画だったな。
考えちゃう・・・
考えちゃう・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:movie | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |